メインメニューを開く

マツダ・雄(タケリ・TAKERI )は、マツダが製作したコンセプトカーである。

マツダ・雄
フロント
MAZDA TAKERI 01.JPG
リヤ
MAZDA TAKERI 02.JPG
乗車定員 4人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 2.2リットル直列4気筒 DOHC SKYACTIV-D
駆動方式 FF
変速機 6速AT
サスペンション 前:ストラット
後:マルチリンク
全長 4,850mm
全幅 1,870mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,830mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

2011年の第42回東京モーターショーでワールドプレミア。

2010年に発表されたデザインスタディモデルの「SHINARI )」、2011年3月のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで発表された「MINAGI /ミナギ)」(CX-5の原型となったコンセプトカー)に続いて採用されたデザインコンセプト「魂動」(こどう、Soul of Motion )を体現化したスタイリングとされており、同時に、「誰もが直感できるセダンらしさ」と「エモーショナルで突き抜けた魅力」への挑戦でもあった。

メカニズムについてはスカイアクティブテクノロジーをエンジン、ボディ、シャシトランスミッションの全てに反映させている。 加えて、アイドリングストップシステムi-stopやマツダ初の回生装置となる「i-ELOOP(アイ・イーループ)」も装備し、これらはのちに発売された3代目アテンザに搭載されることになる。

主要諸元編集

  • 全長 - 4,850mm
  • 全幅 - 1,870mm
  • 全高 - 1,430mm
  • ホイールベース - 2,830mm
  • フロントサスペンション - ストラット
  • リアサスペンション - マルチリンク 
  • トランスミッション - 6AT

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集