メインメニューを開く

マツダ・Fプラットフォームは、マツダのフロントエンジン・リアドライブスポーツカープラットフォームである。同社は、RX-7RX-8に使用している。このプラットフォームを用いる車両の型式(車台番号を参照)は、先頭がFから始まる(RX-8を除く)。VINのVDSはRX-8もFから始まる(FE)。

1981年以前のRX-7はSA2プラットフォームで、Gプラットフォーム移行以前のカペラS1プラットフォームからの発展である。

「サバンナRX-7」という名称もあるが、RX-3の輸出名を持つ先代サバンナ(S102・S124)があるため世代が混乱することと、FD以降「サバンナ」の名称が使われなくなったことから、当記事では「サバンナ」の表現は使用しない。

目次

FB編集

FBプラットフォームという名称は、初代RX-7(SA22C)に用いられていたSA2プラットフォームに、1981年に新たに名称を与えたものである。VINとの整合性をとるために変更されたものと言われておりプラットフォームとしての実質的な変更はない。

  • (1979-)1981-1985 RX-7(初代・SA22C)

FC編集

FCプラットフォームは、2代目RX-7(FC3S)のプラットフォームである。

  • 1985-1991 RX-7(2代目・FC3S)
  • 1987-1991 RX-7 カブリオレ(FC3C)

FD編集

FDプラットフォームは、3代目RX-7(FD3S)のプラットフォームである。

  • 1991-2002 RX-7(3代目・FD3S)

FE編集

FEプラットフォームは、RX-8(SE3P)のプラットフォームである。