メインメニューを開く

MAZDA3(マツダ・スリー、一部媒体で「マツダ3」の表記あり[1])は、マツダが製造・販売するCセグメント乗用車である。

MAZDA3
販売期間 2019年-
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアファストバック
駆動方式 FF/4WD
先代 マツダ・アクセラ
テンプレートを表示

2003年から日本国内で「アクセラ」の名称で販売されていた車種の後継モデルであるが、本モデルよりグローバルでのモデルネームである「Mazda3」の名称を世界共通で用いることになった。このため本項では2019年発売モデルを便宜上「日本国内初代」と表現するが、グローバル向けつまりアクセラからの通算としては「4代目」に当たることに留意。

日本国内初代(通算4代目) BP系編集

MAZDA3
6BA-BP5P / 5BA-BPFP / 3DA-BP8P
ファストバック
東京オートサロン2019出展車
セダン
東京オートサロン2019出展車
製造国   日本
販売期間 2019年-
設計統括 別府耕太
デザイン 土田廉剛
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアファストバック
エンジン P5-VPS型:
1,496cc 直列4気筒 直噴DOHC
PE-VPS型
1,997cc 直列4気筒 直噴DOHC
S8-DPTS型
1.756cc 直列4気筒 直噴DOHCディーゼルターボ
駆動方式 前輪駆動(2WD車)
四輪駆動:(4WD車)
最高出力 P5-VPS型:
82kW (111PS)/6,000rpm
PE-VPS型
115kW (156)/6,000rpm
S8-DPTS型
85kW (116PS)/4,000rpm
最大トルク P5-VPS型:
146N・m (14.9kgf・m)/3,500rpm
PE-VPS型
199N・m (20.3kgf・m)/4,000rpm
S8-DPTS型
270N・m (27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm
変速機 6速AT (6EC-AT)
6速MT(ファストバック車のみ)
サスペンション 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
全長 4,460 mm(ファストバック)
4,660 mm(セダン)
全幅 1,795 mm
全高 1,440 mm(ファストバック)
1,445 mm(セダン)
ホイールベース 2,725 mm
車両重量 1,320 - 1,470 kg
先代 (3代目)アクセラ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2018年11月28日に世界初公開[2]、同年のロサンゼルスオートショー及び翌年の東京オートサロンでお披露目となり[3]、2019年5月24日に日本国内で販売開始[4]。アクセラのラインナップを踏襲しているが、それまで「スポーツハッチバック」として販売されていたモデルは「ファストバック」と称されることとなった。

CX-5から始まった“魂動”デザインを深化させた、マツダの次世代商品群の第1弾として位置づけられており、マツダ自身が用いた「引き算の美学」というキーワードの下、エクステリアデザインはボディ側面に入れられることの多いキャラクターラインを極力排除し、面の変化で質感を表現している。さらにファストバックとセダンではデザインの方向性が異なっており、ファストバックは「色気のある塊」というデザインテーマに基づき、曲面の抑揚だけで動物が持っている下半身の大きな塊を表現したものとなった一方で、セダンは「凛とした伸びやかさ」というデザインテーマテーマに基づき、前後フェンダーにキャラクターラインを入れるなど、水平基調を強めたデザインとなっている[5]

走行性能・乗り心地を向上させた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を初めて全面採用し、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求し、シート、ボディ、シャーシを基本から徹底的に改善したとしている[6]

日本向けのパワートレーンは大きく分けて4種類となり、3代目アクセラにも使用された1.5L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」(P5-VPS)、CX-3に搭載されているものと同型となる2.0L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」(PE-VPS)、同じくCX-3に搭載されているものと同型となる直列4気筒直噴DOHCディーゼルターボ「SKYACTIV-D 1.8」(S8-DPTS)をラインナップ。

また、火花点火制御圧縮着火 (SPCCI) を実用化したガソリンエンジンである「SKYACTIV-X 2.0」もラインナップされ、「SKYACTIV-X 2.0」のAT車には東芝二次電池「SCiB」を採用したマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」(エムハイブリッド)[注釈 1]を採用することが明らかになっている[8]が、SKYACTIV-X は遅れて2019年12月中旬に投入される予定となっている。

「SKYACTIV-G 1.5」はファストバックのみの設定で、セダンは販売開始時点では「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-D 1.8」の2種類のみとなる。なお、日本国外向けには2.5L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」のモデルも用意される。

トランスミッションは、全車とも6速オートマチックの「SKYACTIV-DRIVE」が搭載され、ファストバックの1.5Lと2.0LのSKYACTIV-Xには6速マニュアルの「SKYACTIV-MT」も設定される。セダンは全グレードAT車のみである。

サスペンションはフロントは先代に引き続きマクファーソンストラット式を採用するが、リアは自然な運転感覚を重視してトーションビーム式を採用した[9]

日本向けのグレード構成は、2.0Lガソリンエンジン車「20S」、1.8Lディーゼルターボ車「XD」(クロスディー)、「SKYACTIV-X」エンジン車「X」においては「PROACTIVE」、「PROACTIVE Touring Selection」、「L Package」の3グレードが基本となっており、ファストバック車のみ、赤レザーを採用した専用の最上級グレード「Burgundy Selection」 が設定される。ファストバック車のみに設定されている1.5Lガソリンエンジン車は、「15S」と「15S Touring」の2グレード構成となっている。

また、前身の3代目アクセラから引き続き装着されるSKYACTIV専用エンブレムが、MAZDA3では新デザインとなり、ガソリン車は「SKYACTIV G」、ディーゼル車は「SKYACTIV D」と表記される。

年表編集

  • 2018年
    • 11月30日 - ロサンゼルス・モーターショーにて、Mazda3を世界初公開[10]
  • 2019年
    • 4月8日 - 独「2019年レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞[11]
    • 5月24日 - 日本での販売を開始[12]


脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「M HYBRID」を含めた、燃費改善、加速性能向上に寄与する、ドライブトレイン、モーターなどを協調制御するマツダの電動化技術の総称として「SKYACTIVE-eSYNC」の名称が与えられている[7]

出典編集

  1. ^ マツダ3の使い勝手を徹底チェック!〈MAZDA3〉”. 株式会社三栄. 2019年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月3日閲覧。
  2. ^ “マツダ、新型「Mazda3」を世界初公開” (プレスリリース), マツダ, (2018年11月28日), https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201811/181128a.html 2019年6月27日閲覧。 
  3. ^ “マツダ、新型「Mazda3」を「東京オートサロン2019」にて日本初公開” (プレスリリース), マツダ, (2018年12月12日), https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201812/181212a.html 2019年7月1日閲覧。 
  4. ^ “新世代商品第一弾、「MAZDA3」の国内販売を開始” (プレスリリース), マツダ, (2019年5月24日), https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201905/190524a.html 2019年6月27日閲覧。 
  5. ^ マツダ MAZDA3 デザインコンセプトが異なるセダンとファストバック|それぞれの違いを内外装写真でチェック!”. MoTA (2019年6月7日). 2019年6月30日閲覧。
  6. ^ 次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」とは?” (2018年10月22日). 2019年8月30日閲覧。
  7. ^ 新型Mazda3の「SKYACTIVE-X」に搭載される「SKYACTIVE-eSYNC / M HYBRID」とは?”. cliccar (2019年5月30日). 2019年6月28日閲覧。
  8. ^ “新型「MAZDA3」のマイルドハイブリッド「M Hybrid」用バッテリーに東芝「SCiB」採用”. Car Watch (インプレス). (2019年5月28日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1186965.html 2019年6月28日閲覧。 
  9. ^ 新型アクセラの驚愕すべき出来 (3/4)”. ITメディア ビジネスオンライン (2019年1月28日). 2019年7月2日閲覧。
  10. ^ マツダ、新型「Mazda3」を世界初公開|ニュースリリース - マツダ 2018年11月28日
  11. ^ 新型「MAZDA3」が独「2019年レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞 - マツダ 2019年4月8日
  12. ^ 新世代商品第一弾、「MAZDA3」の国内販売を開始|ニュースリリース - マツダ 2019年5月24日

外部リンク編集