マティアス・フェルナンデス

チリのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェルナンデス第二姓(母方の)はフェルナンデスです。

マティアス・フェルナンデスMatías Ariel Fernández Fernández, 1986年5月15日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手セリエAACFフィオレンティーナ所属。チリ代表。ポジションはミッドフィールダー

マティアス・フェルナンデス Football pictogram.svg
Matias Fernandez 2015.jpg
フィオレンティーナでのフェルナンデス (2015年)
名前
本名 マティアス・アリエル・フェルナンデス・フェルナンデス
Matías Ariel Fernández Fernández
愛称 Mati(マティ)、Matigol(マティゴル)、El Pelusa(うぶ毛)
ラテン文字 Matias Fernandez
基本情報
国籍  チリ
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1986-05-15) 1986年5月15日(31歳)
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス特別区
身長 178cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ
ポジション MF
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 チリの旗 コロコロ 82 (37)
2006-2009 スペインの旗 ビジャレアル 71 (7)
2009-2012 ポルトガルの旗 スポルティングCP 69 (12)
2012- イタリアの旗 フィオレンティーナ 96 (7)
2016-2017 イタリアの旗 ミラン (loan) 13 (1)
代表歴2
2005 チリの旗 チリ U-20 13 (5)
2005- チリの旗 チリ 72 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月29日現在。
2. 2016年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

生い立ち編集

父親はチリ人であり、母親はアルゼンチン人である。アルゼンチンの首都ブエノスアイレス郊外のカバリート (Caballito) に生まれ、4歳の時にチリのラ・カレハ (La Calera) に移住した。ふたりの弟がいる。物心が付く前に生誕地のアルゼンチンからチリに移住したため、マティアスは自身をチリ人だとみなしている。

クラブ経歴編集

CSDコロコロ編集

12歳の時にCSDコロコロの下部組織に入団し、2004年8月1日、ウニベルシダ・デ・チリ戦でトップチームデビューを果たした。その1週間後、CDコブレサル戦で初得点を含む2得点を挙げた。同じシーズンのCDオヒギンス戦では、"Matigol"(マティゴル)というあだ名の由来となるゴールを決めた。クラウスーラ2004では8得点し、優秀な若手選手として知られるようになった。アペルトゥーラ2006ではチーム創設以来24度目のリーグ優勝に貢献し、同年のコパ・スダメリカーナでは6試合で9得点を挙げて決勝に進出したが、決勝でメキシコのCFパチューカに敗れた。2006年は国内リーグで前後期完全優勝を果たし、ボカ・ジュニアーズロドリゴ・パラシオフェルナンド・ガゴらを抑えて、南米年間最優秀選手賞に選ばれた。チリ人としては1997年のマルセロ・サラス以来の受賞であった。CSDコロコロで通算112試合出場・57得点という記録を残した。

ビジャレアルCF編集

レアル・マドリードチェルシーFCが獲得に興味を示していたが、2006年10月後半、彼が南米年間最優秀選手賞を受賞する前に、同郷のマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるスペインのビジャレアルCFと契約を結んだ[1]。CSDコロコロには移籍金870万ユーロ(約13億7500万円)が支払われ、違約金は5000万ユーロと高額に設定された。

12月27日にスペインのバレンシア空港に降り立ち、2007年1月7日のバレンシアCF戦 (0-1) でデビューした。バレンシアCF戦の3ヶ月後のヒムナスティック・タラゴナ戦 (3-0) で移籍後初得点を決めた。2006-07シーズンのレアル・マドリード戦ではマルコス・ガルシアの得点をアシストし、クラブ史上初めてとなるレアル・マドリードからの勝利に貢献した。2007-08シーズンは30試合に出場して3得点し、クラブ最高の成績となる2位に貢献した。2009年5月10日、すでにリーグ優勝を決めていたFCバルセロナ相手にペナルティキックを決め、3-3の引き分けに持ち込んだ[2]。しかし、2シーズン半で70試合の出場(そのうち先発出場は30試合)に終わり、期待に見合う活躍をしたとはいえなかった[要出典]

スポルティングCP編集

エルネスト・バルベルデ新監督はマティアスを余剰戦力だと考えていたため、2009年7月1日、ポルトガル・スーペル・リーガスポルティングCPと契約を結んだ。移籍金は365万ユーロ(ただし、出場試合数によって50万ユーロが加算される可能性がある[3])で契約期間は4年[4]。10月27日のヴィトーリア・ギマランイス戦 (1-1) で初得点を決め、その1週間後のCSマリティモ戦 (1-1) でも得点した。UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・エヴァートンFC戦セカンドレグ (3-0) ではロスタイムに得点し、2試合合計4-2で勝ち抜けを決めた[5]

フィオレンティーナ編集

2012年7月12日、ACFフィオレンティーナへ移籍した。契約は4年間で移籍金は250万ユーロ[6][7]

ミラン編集

2016年8月31日、恩師ヴィンチェンツォ・モンテッラ率いるACミランへのレンタル移籍が決定[8]

代表歴編集

世代別代表編集

世代別代表としてはU-17チリ代表とU-20チリ代表に招集されている。2005年にはU-20チリ代表のキャプテンとして2005 FIFAワールドユース選手権に出場し、ニコラス・カナレス (Nicolás Canales) 、カルロス・ビジャヌエバホセ・ペドロ・フエンサリーダ (José Pedro Fuenzalida) などと一緒に戦った。7-0と大勝したU-20ホンジュラス代表戦では1得点を決めた。2回戦のU-20オランダ代表戦に敗れたが、マティアスは全体的に良いプレーを見せた。

A代表編集

2005年8月17日、ペルー代表戦でチリA代表デビューを果たした。2006年10月8日、パシフィック・カップのペルー戦では代表初得点を含む2得点を挙げた。2007年にはコパ・アメリカ2007に出場したが、グループリーグ3位でかろうじて決勝トーナメントに進出し、準決勝ではブラジルに1-6で大敗した。2010 FIFAワールドカップ・南米予選では、ペルー戦(ホーム)、コロンビア戦、ペルー戦(アウェー)で得点し、チリ代表の本大会出場に貢献した。南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップ本大会にも選出され、グループリーグのホンジュラス戦 (1-0) とスイス戦 (1-0) に出場した。チリ代表はスペインに次いで2位でグループリーグを通過したが、決勝トーナメント1回戦のブラジル戦に敗れてベスト16に終わった[9]

人物・エピソード編集

タイトル編集

クラブ編集

CSDコロコロ
ACミラン

代表編集

チリ代表

個人編集

個人成績編集

代表での得点編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Villarreal sign Chilean starlet UEFA.com、2006年12月28日
  2. ^ La Liga round-up: Villarreal put Barcelona's celebrations on hold Inside World Soccer、2009年5月11日
  3. ^ “Comunicado [Announcement]” (Portuguese). CMVM. (2009年7月1日). http://web3.cmvm.pt/english/sdi2004/emitentes/docs/FR24492.pdf 2010年10月4日閲覧。 
  4. ^ Sporting give Fernández a chance UEFA.com、2009年7月1日
  5. ^ Sporting 3-0 Everton (agg 4-2) BBC Sport、2010年2月25日
  6. ^ MATIAS FERNANDEZ È DELLA FIORENTINAviolachannel.tv(2012-7-28)(イタリア語),2012-8-17閲覧
  7. ^ Mercato: Fernandez è un giocatore della Fiorentina, ha firmato per 4 annifiorentina.it(2012-7-27)(イタリア語),2012-8-17閲覧
  8. ^ ミラン、モンテッラの教え子マティ・フェルナンデスを獲得 - Goal.com 2016年9月2日
  9. ^ マティアス・フェルナンデス - FIFA主催大会成績
  10. ^ Matías Fernández became a father and was fined ESPNdeportes (スペイン語)
  11. ^ Matías Fernández: Genius, scorer and presence (スペイン語)

外部リンク編集