マティルダ・オブ・フランダース

マティルダ・オブ・フランダース(Matilda of Flanders, 1031年 - 1083年11月2日)は、ノルマン朝イングランド王兼ノルマンディー公ウィリアム1世の王妃。父はフランドル伯ボードゥアン5世、母はフランスロベール2世の娘アデル。父方を通じてアルフレッド大王エアルフスウィスマーシアオファ玄孫)の娘エルフスリュスの血を引いていた。

マティルダ・オブ・フランダース
Matilda of Flanders
イングランド王妃
Matilda of Flanders Jardin du Luxembourg.jpg
在位 1066年12月25日 - 1083年11月2日

出生 1031年
死去 1083年11月2日
埋葬 ノルマンディーカーン
配偶者 イングランドウィリアム1世
子女 一覧参照
家名 フランドル家
父親 フランドル伯ボードゥアン5世
母親 アデル・ド・フランス
テンプレートを表示

生涯編集

ウィリアム1世と血縁関係(ノルマンディー公ロロを共に先祖に持つ、下の系図参照)にあったことから、ランスの教会会議でいったん婚姻の無効を宣告された。王はローマ教皇ニコラウス2世に願い出て特免状を受け、拒否から4年後の1053年ウーで正式に結婚した。その償いとして、2人はノルマンディーカーンに男女それぞれの修道院を寄進した[1]

マティルダは、夫ウィリアム1世のイングランド侵攻を称えるバイユーのタペストリーを発案した[2]

1083年、夫に先立ち52歳で亡くなった。フランスのカーンにある自身が寄進したサントトリニテ修道院に葬られた。一方、ウィリアム1世は、彼女の死から4年後の1087年に死去。マティルダと同じく、カーンにある自身が寄進したサントテティエンヌ修道院に葬られた[3]。 

子女編集

ウィリアム1世との間に4男7女が生まれた。

  • ロベール2世(1054年頃 - 1134年) - ノルマンディー公
  • アデライザまたはアリス(1055年頃 - ?)
  • セシリアまたはセシリー(1056年頃 - 1126年)
  • ウィリアム2世(1056年頃 - 1100年) - イングランド王
  • リシャール(1057年 - 1081年頃) - ベルネー公。狩猟中の事故で早世した。
  • アリソン(1056年 - 1090年頃)
  • アデラ(1062年 - 1138年) - ブロワ伯エティエンヌ2世と結婚。イングランド王スティーブンの母。
  • アガサ(1064年頃 - 1080年頃)
  • コンスタンス(1066年頃 - 1090年) - ブルターニュ公アラン4世と結婚。
  • マティルダ(生没年不詳)
  • ヘンリー1世(1068年 - 1135年) - イングランド王およびノルマンディー公

系図編集

脚注編集

  1. ^ 森、p. 17 - 18
  2. ^ 森、p. 20
  3. ^ ノルマンディ公Guillaumeイングランド征服軌跡を追う野原康弘 4ページ 桃山学院大学キリスト教論集第44号 2020年2月22日閲覧

参考文献編集