マティルデ・フォン・ハプスブルク

マティルデ・フォン・ハプスブルク(ドイツ語:Mathilde von Habsburg, 1251/3年[1] - 1304年12月22/23日)は、バイエルン公ライン宮中伯ルートヴィヒ2世の妃。

マティルデ・フォン・ハプスブルク
Mathilde von Habsburg

出生 1251/3年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
シュヴァーベン公領、ラインフェルデン英語版
死去 1304年12月22/23日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バイエルン公領ミュンヘン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バイエルン公領、フュルステンフェルトブルック、フュルステンフェルト修道院英語版
配偶者 バイエルン公ルートヴィヒ2世
子女 ルドルフ1世
メヒティルト
アグネス
アンナ
ルートヴィヒ4世
家名 ハプスブルク家
父親 ルドルフ1世
母親 ゲルトルート・フォン・ホーエンベルク
テンプレートを表示

生涯 編集

マティルデはルドルフ1世ゲルトルート・フォン・ホーエンベルクの間の長子として生まれた。弟アルブレヒト1世は父の跡を継いで1298年ローマ王となった。弟ハルトマンは1281年に溺死し、ルドルフ2世シュヴァーベン公となったが1290年に死去した。

1273年9月1日に父ルドルフ1世がローマ王に選出されるまで、ハプスブルク家神聖ローマ帝国内でそれほど重要な家門ではなかった。大空位時代(1250年 - 1273年)の後、ルドルフは選帝侯により全員一致でローマ王に選出された。ルドルフは自らの王位と統治を確実なものとするため、周到な結婚政策 を行い[2]、長女マティルデをバイエルン公ルートヴィヒ2世と結婚させた。ルートヴィヒ2世は全員一致でルドルフ1世をローマ王に選出することを公言していた選帝侯の1人であり、ルートヴィヒ2世を味方に付けることはルドルフ1世の利益となった。1273年10月24日、ルドルフ1世の戴冠の日に、アーヘンでマティルデとルートヴィヒ2世の結婚式も行われ、マティルデはルートヴィヒ2世の3番目の妃となった。妹アグネスは同日にザクセン=ヴィッテンベルクアルブレヒト2世と結婚した。このときより、ハプスブルク家は帝国内で最も権力を持つ家門の一つとなった[3][4]

マティルデの妹カタリーナは後にルートヴィヒ2世の甥バイエルン公オットー3世と結婚し、ヘートヴィヒはブランデンブルク=ザルツヴェーデル辺境伯オットー6世と、クレメンティアはハンガリー王位請求者カルロ・マルテッロ・ダンジョと、グタボヘミア王ヴァーツラフ2世とそれぞれ結婚した[5]。このように、ルドルフ1世は帝国内の有力な領主の支援を確保した。

ルドルフ1世はマティルデの持参金として15,000マルクの銀を用意した。結婚に際し、ルートヴィヒ2世はマティルデにヴォルフスブルク城英語版ヴィンツィンゲン城ドイツ語版ノイシュタットの町をマティルデに贈った。1274年、ルドルフ1世は娘夫婦にヴァヘンハイム城ドイツ語版を与えた。

マティルデは裁判、公証および法律を扱う自身の法廷を持っていた。さらにアルテンホーエナウ修道院ドイツ語版の後援者でもあった[6]

夫ルートヴィヒ2世と父ルドルフ1世は政治面で緊密に協力しあい、またルートヴィヒはルドルフ1世の帝国議会にもしばしば参加したため、マティルデは夫とともに家族のもとを訪れ、母親や妹たちとも密に連絡を取り合うことができた[6]

父ルドルフ1世が1291年に死去した後、アドルフ・フォン・ナッサウがローマ王となったが、弟アルブレヒト1世とアルブレヒト1世を支持する夫ルートヴィヒ2世はこれを渋々受け入れた。国王選挙の後、ルートヴィヒ2世はナッサウ家と結びつくため、息子ルドルフ1世とアドルフの娘メヒティルトとの結婚を決めた。

1294年にルートヴィヒ2世が死去した後、マティルデはヴィッテルスバッハ家のための決定が弟アルブレヒト1世の不利益につながることに気づいた。弟アルブレヒト1世と、息子ルドルフ1世が支持するアドルフ・フォン・ナッサウとの間の対立のなかで、マティルデは調停役となろうとした。

マティルデの寡婦財産はハイデルベルクの周辺とライン川沿いにあったが、息子ルドルフ1世とメヒティルト・フォン・ナッサウとの結婚のため、上バイエルンオーバープファルツに交換されることとなった。

ヴィッテルスバッハ家の分割相続により、上バイエルンは下の息子ルートヴィヒ4世に与えられることとなった。しかし長男ルドルフ1世は弟ルートヴィヒ4世の後見人となり、上バイエルンの相続権を主張しようとした。これが原因でマティルデとルドルフ1世は対立し、1302年ミュンヘンでマティルデはルドルフ1世に拘束され、今後政治に関与しないことを余儀なくされた。しかしマティルデは解放された後、約束を反故にし、弟アルブレヒト1世を支持した。

マティルデは1304年12月23日にミュンヘンで死去し、夫とともにフュルステンフェルト修道院英語版に埋葬された[6]

子女 編集

脚注 編集

  1. ^ 生年に関しては、Michael Menzel: Die Zeit der Entwürfe (1273–1347). (= Gebhardt Handbuch der Deutschen Geschichte. Bd. 7a). 10., völlig neu bearbeitete Auflage. Stuttgart 2012, S. 290fを参照した。マティルデの生年に関しては、"1251年頃"とされることが多いが、ルドルフ1世とゲルトルートの結婚が1253年7月から1254年3月8日の間に行われたとされるため、"1251年頃"というのは正しくないと思われる。Gabriele Schlütter-Schindler: Regis filia - comitissa palatina Rheni et Ducissa Bavariae. Mechthild von Habsburg und Mechthild von Nassau. In: Zeitschrift für bayerische Landesgeschichte. Band 60, 1997, S. 183–252, hier: S. 189 Anm. 30 (Digitalisat)を参照。それによると、マティルデは最も早くて1254年4月から10月の間、もしくは1256年4月から5月の間に生まれたとされる。
  2. ^ Karl Friedrich Krieger: Die Habsburger im Mittelalter: von Rudolf I. bis Friedrich III. 2. Auflage. Kohlhammer, Stuttgart 2004, ISBN 3-17-018228-5.
  3. ^ "Rudolf I. – Deutsche Biographie". 2020年1月17日閲覧
  4. ^ "Ludwig II. - Deutsche Biographie". 2020年1月17日閲覧
  5. ^ "Habsburg 2". 2020年1月17日閲覧
  6. ^ a b c Gabriele Schlütter-Schindler (1997). "Regis Filia – Comitissa Palatina Rheni et Ducissa Bavariae. Mechthild von Habsburg und Mechthild von Nassau". 2020年1月17日閲覧

参考文献 編集

  • Martin Kaufhold: Rudolf I. In: Neue Deutsche Biographie. Band 22, 2005, S. 167–169. [Online-Version] (deutsche-biographie.de)
  • Karl-Friedrich Krieger: Die Habsburger im Mittelalter. (= Urban Taschenbücher). 2., aktual. Auflage. Stuttgart 2004.
  • Johann Loserth: Rudolf I. In: Allgemeine Deutsche Biographie. Band 29, 1889, S. 478–493. [Online-Version] (deutsche-biographie.de)
  • Michael Menzel: Die Zeit der Entwürfe 1273–1347. (= Handbuch der deutschen Geschichte. Bd. 7a). 10., aktual. Auflage. Stuttgart 2012.
  • Sigmund Riezler, Ritter von: Ludwig II. In: Allgemeine Deutsche Biographie. Band 19, 1884, S. 497–502. [Online-Version] (deutsche-biographie.de)
  • Gabriele Schlütter-Schindler: Regis Filia – Comitissa Palatina Rheni et Ducissa Bavariae. Mechthild von Habsburg und Mechthild von Nassau. In: Zeitschrift für bayerische Landesgeschichte. Band 60, 1997, S. 183–251, hier S. 183–218. (periodika.digitale-sammlun-gen.de)
  • Wilhelm Störmer: Ludwig II. In: Neue Deutsche Biographie. Band 15, 1987, S. 357–360 [Online-Version] (deutsche-biographie.de)