マティルド・ド・ブローニュ (1170-1210)

マティルド・ド・ブローニュフランス語:Mathilde de Boulogne, 1170年 - 1210年10月16日)は、ブローニュ伯マチュー・ダルザスとブローニュ女伯マリーの間の次女[1]ブラバント公アンリ1世の妃[2]

マティルド・ド・ブローニュ
Mathilde de Boulogne
Henry I Matilda.jpg
マティルドとアンリ1世の結婚

出生 1170年
死去 1210年10月16日
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of the Duchy of Brabant.svg ブラバント公領、ルーヴェン聖ペテロ教会英語版
配偶者 ブラバント公アンリ1世
子女 本文参照
家名 ロレーヌ家
父親 ブローニュ伯マチュー・ダルザス
母親 ブローニュ女伯マリー
テンプレートを表示

生涯編集

マティルドの両親はマティルドの生まれた年に結婚を解消し、母マリーはモントルイユのサント=オストルベルト修道院でベネディクト会の修道女となり、1182年に死去した[3]。結婚解消後も父マチューはブローニュ伯領を死去する1173年まで統治し、その後は長女イドがブローニュ伯位を継承した。

マティルドは1180年に後にブラバント公となるアンリ1世と結婚した[4]。2人の間に以下の子女が生まれた。

マリーは1210年10月16日に死去し、ルーヴェン聖ペテロ教会英語版に埋葬された。

脚注編集

参考文献編集

  • The Lais of Marie de France. Penguin. (1986) 
  • Lambert of Ardres (2007). The History of The Counts of Guines and Lords of Ardres. University of Pennsylvania Press 
  • Pollock, M.A. (2015). Scotland, England and France after the Loss of Normandy, 1204-1296. The Boydell Press 
  • McDougall, Sara (2017). Royal Bastards: The Birth of Illegitimacy, 800-1230. Oxford University Press