Homo Sapiens in Europe - magdalenian distribution map-de.svg

マドレーヌ文化(Magdalenian)は、氷河時代最後のヴュルム氷期の第2期後半の旧石器時代末期の、フランスを中心とした西ヨーロッパにおける文化である[1]マグダレニアン文化ともいう。オーリニャック文化を母体としたと推定されている。石器組成は石刃を主体としたほか、洞窟壁画などの精神活動の痕跡でもよく知られる。

概要編集

フランスドルドーニュ県にある、マドレーヌ岩陰遺跡標準遺跡である。クロマニョン人が生み出した文化であり、骨角器が発達した[2]。フランスを中心に、スペインイギリスベルギードイツオーストリアチェコスロヴァキアハンガリーイタリアスイスポーランドなど、ヨーロッパの広範囲に分布した。ビュラン (刻刀) などフリント製石器の文化である[1]。ヨーロッパ各地で描かれた「洞窟壁画」(ラスコーアルタミラなど)は、この文化によるものである[1]

脚注編集

[脚注の使い方]