メインメニューを開く

マニエリスムの芸術家

マニエリスムの芸術家(まにえりすむのげいじゅつか)ではマニエリスム、及び北方マニエリスムの作風を持つ芸術家とその作品を紹介する。

目次

一覧編集

1351年-1400年編集

人名 功績 画派 肖像 有名作品 生誕 死亡 説明
ヤン・ファン・エイク 画家 初期フランドル派、北方マニエリスム     1390年頃 1441年7月9日

1451年-1500年編集

人名 功績 画派 肖像 有名作品 生誕 死亡 説明
ミケランジェロ・ブオナローティ 彫刻家、建築家、画家 フィレンツェ派、ルネサンス、マニエリスム     1475年3月6日 1564年2月18日 ルネサンスにおける三大巨匠の一人。彼のマニエリスムの傾向は1532年以降に見られ、ヴァザーリに「優美な手法」と呼ばれる蛇状、あるいは炎昇と呼ばれる独特の捻じれという特徴を生み出した[1]
ラファエロ・サンティ 画家、建築家 フィレンツェ派、ルネサンス、マニエリスム     1483年4月6日 1520年4月6日 ラファエロは他の三大巨匠と比べ37歳と早逝だが[2]、作風の変遷は激しいものであった[2][3]。この《キリストの変容》は時のフランスナルボンヌ大司教であったジュリオ・デ・メディチ枢機卿ナルボンヌ大聖堂英語版に送るために注文し、またミケランジェロ・ブオナローティデッサンの提供を受けたセバスティアーノ・デル・ピオンボの《ラザロの蘇生》と競作させたことで知られる[4]。本作はラファエロの遺作かつ後期の大作として知られ[2][4]、またラファエロの晩年の作品の中でも珍しく、ほとんど一人で仕上げたとされる[2]。画面の上半分はキリストの変容を、下半分に使徒たちと悪魔に漬かれた少年が癒される場面が描かれている[2][4]。たくさんの人物が折り重なる様にポーズを取る様は晩年のラファエロの壁画の特徴と重なるものである[5]。本作はバロックの先駆けとなるマニエリスム絵画として区分されるが[3]、古典主義やアカデミズムによってラファエロ自身のイメージが理想化され[3]、またロマン主義の時代に見られる新古典主義に対する反動や難解なネオ・プラトニズムに関わる主題と図像に対する理解者の現象により、20世紀に入るまで図像の解読はほとんど行われなかった[6]。(英語版)
ドメニコ・ベッカフーミ 画家 シエナ派、マニエリスム     1486年 1551年5月18日
ジャンフランチェスコ・ペンニ 画家     1488年 / 1496年 1528年
ヤコポ・ダ・ポントルモ 画家     1494年5月24日 1557年1月2日
バッキアッカ 画家   1494年 1577年
ロッソ・フィオレンティーノ 画家     1495年 1540年
ハンス・ホルバイン 画家 北方マニエリスム     1497年 / 1498年 1543年10月7日-1543年11月29日
ジュリオ・ロマーノ 建築家、画家 ヴェネツィア派、マニエリスム     1499年頃 1546年11月1日
パリス・ボルドーネ 画家   1500年7月5日 1571年1月19日 ティツィアーノの弟子。
ベンヴェヌート・チェッリーニ 画家、金細工師、彫刻家、音楽家     1500年11月3日 1571年2月13日

1501年-1550年編集

人名 功績 画派 肖像 有名作品 生誕 死亡 説明
ジローラモ・ダ・カルピ 画家     1501年 1556年
パルミジャニーノ 画家     1503年1月11日 1540年8月24日
アーニョロ・ブロンズィーノ 画家   1503年11月17日 1572年11月23日
ダニエレ・ダ・ヴォルテッラ 画家     1509年頃 1566年4月4日
アンドレア・スキャヴォーネ 画家     1510年頃 1563年
フランチェスコ・サルヴィアーティ 画家     1509年 / 1510年 1563年11月11日
ヤコポ・バッサーノ 画家     1510年頃 1592年2月14日
ジョルジョ・ヴァザーリ 批評家、建築家、画家 マニエリスム     1511年7月30日 1574年6月27日 画家・彫刻家・建築家列伝の作者としても知られる。
ティントレット 画家 ヴェネツィア派、マニエリスム     1518年9月29日 1594年5月31日 ヴェネツィア派とマニエリスムの双方の特徴を持つ作品が特徴。
ラヴィニア・フォンターナ 画家     1525年8月24日 1614年8月11日
ピーテル・ブリューゲル 画家 北方マニエリスム     1526年-1530年 1569年9月9日
ジュゼッペ・アルチンボルド 画家 マニエリスム     1527年頃 1593年7月11日
ペッレグリーノ・ティバルディ 建築家、彫刻家、壁画画家   1527年頃 1596年頃 スペインではフェデリコ・ツッカリの弟子として活動した。
タッデオ・ツッカリ 画家     1529年9月1日 1566年9月2日
ジャンボローニャ 彫刻家     1529年頃 1608年8月13日
ソフォニスバ・アングイッソラ 画家     1532年 1625年11月16日
マールテン・ド・フォス 画家、製図工、版画家     1532年 1603年12月4日
アレッサンドロ・アローリ     1535年5月31日 1607年9月22日
フェデリコ・バロッチ 画家     1535年頃 1612年9月30日 ベッローリの『現代画家・彫刻家・建築家伝』の中で、バロッチは衰退に瀕したこの画風を救う可能性がある画家として言及されている[7]
サンティ・ディ・ティート 画家、建築家   1536年10月6日 1603年7月24日
エル・グレコ 画家、イコン画家 ヴェネツィア派、マニエリスム     1541年頃 1614年4月7日 トレドにおける後半生において、独特の光と色彩、長身痩躯の動的な人体などを特徴とするギリシア人の画家[8]。この特徴は彼の代表作である《オルガス伯爵の埋葬》でも見られ、ミケランジェロの蛇状の人体を一層発展させる[9]など、マニエリスムの代表的な画家として後世に多大な影響を及ぼした。
ヤコポ・ツッキ 画家   1541年頃 1589年 / 1590年 『珊瑚採り』にはアメリカ大陸発見の寓意が含まれている。
フェデリコ・ツッカリ 画家     1542 / 1543頃 1609年7月20日
バルトロメウス・スプランヘル 画家、製図工     1546年3月21日 1611年8月
ニコラス・ヒリアード 画家、金銀細工師、ミニアチュール作家     1547年頃 1619年1月7日
ルカ・カンビアーソ フレスコ画家、画家   1527年 1585年

1551年-1600年編集

人名 功績 画派 肖像 有名作品 生誕 死亡 説明
ハンス・フォン・アーヘン 画家、製図工     1552年頃 1615年3月4日
ヘンドリック・ホルツィウス 版画家、素描家、画家、製図工、出版者     1558年頃 1617年1月1日
コルネリス・ファン・ハールレム 画家、製図工     1562年頃 1638年11月11日
フランシスコ・パチェーコ 批評家、画家 マニエリスム     1564年 1644年 スペインの画家でディエゴ・ベラスケスの師であり義父。『絵画芸術論』の執筆者。作品は21世紀における評価は芳しくないものの、冷たいマニエリスム風の作品を書くことで知られる[10]
アブラハム・ブルーマールト 画家、細密画家、製図工、版画家     1564年12月25日 1651年1月27日
ヨアヒム・ウテワール 画家、銅版画家     1566年頃 1638年8月1日
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ 画家 バロック     1571年9月28日 1610年7月18日 バロック絵画の代表的な画家。
ジャック・ベランジェ 銅版画家、画家、製図工   1575年頃 1616年
ルーラント・サーフェリー 画家     1576 / 1578年 1639年2月25日 鳥獣画を得意とし、ドードーを描いたことで知られる。
ホルヘ・マヌエル・テオトコプリ 建築家、画家     1578年 1631年3月28日 エル・グレコの息子。
バルトロメウス・ストロベル 画家   1591年 1647年 ポーランドの画家。

1601年-1650年編集

人名 功績 画派 肖像 有名作品 生誕 死亡 説明
ジョヴァンニ・ピエトロ・ベッローリ 批評家、画家、古物収集家 バロック     1613年1月15日 1696年2月19日 現代画家・彫刻家・建築家伝』の著者。マニエリスムに対して批判的な見方をしている。

脚注編集

出典編集

関連項目編集