マニピュレーター

マニピュレーター: Manipulator。工学分野ではマニピュレータ、マニレータ[1])は、手で操縦することを意味するマニピュレート動詞)、マニピュレーション名詞)する人や、機械などで作業を実行する部分。“マニュピレーター”は誤記。

目次

工学編集

ロボットに当たる部分を指し、実験室等における放射性物質の遠隔取り扱いなど、広義の産業用ロボットの分野で使われる。人型ロボットの場合は人間と同じくアームと表現される。またロボットを操作する人間は通常「オペレータ」と呼ばれる。

電気通信の分野では、自動電鍵で符号を打ち出すパドルをさす言葉としても使われる。

マジックハンド編集

マジックハンド(magic+hand)は、和製英語[2]玩具1966年には任天堂からパンタグラフ式のウルトラハンドが発売)や、業務用のものがある。1990年代には、タレントの宅八郎がテレビ出演などの際に持ち歩き、マジックハンドが強く認知された。柄が伸縮式のものもある。

鉄道駅駅員が使用するトリガー式のものは「安全拾得器」と呼ばれる[3]

内視鏡手術用の鉗子には、マジックハンドのような動きをするものもある。

心理学編集

心理学においては、マインドコントロールを促すもののことをいう。

電子音楽編集

電子音楽の分野においては、シーケンスソフトを用いてプログラミングされる音そのものを作成する人間を指す(和製英語)。「サウンドクリエイター」「シンセサイザープログラマー」、時には単に「プログラマ」と表記されることもある。ミュージックシーケンサーも参照。

日本における主なマニピュレーターの一覧編集

注・出典編集

関連項目編集