メインメニューを開く

マニプル州ベンガル文字表記:মণিপুর、英語:Manipur)は、インドの東部にあるの一つ。インドの北東端で、ミャンマーに国境を接する。中心都市インパール。22,327平方キロメートル、2,388,634人。

マニプル州
Manipur
মণিপুর
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 マニプル州
州都 インパール(Imphal)
面積 22,327 km²
人口 2001年
 - 合計 2,388,634 人
 - 人口密度 107 人/km2
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 マニプリ語
創立 1972年1月21日
知事 シビンダー・シン・シドゥー(Shivinder Singh Sidhu)
首相 オクラム・イボビ・シン(Okram Ibobi Singh)
立法機関(議席数) 一院制(60)
略称ISO IN-MN
州公式ウェブサイト https://manipur.gov.in/

目次

歴史編集

1752年土侯の一人アラウンパヤーが、シュウェボ英語版を都として国の再統一に乗り出すと、アラカンシャムとともに戦場となった。 1891年Anglo-Manipur War1944年、インパールを目指す日本軍が進入した(インパール作戦ビルマの戦い)。

1997年タドウ語英語版を話すクキ族英語版パイテ族英語版の間でクキ・パイテ民族紛争 (1997年 - 1998年)英語版が勃発。

民族の一部には、インドからの分離独立や州境の変更などを目指すグループがあり、しばしば治安当局と衝突が発生。2012年の死者は双方で110人との集計値がある[1]

地理編集

大部分を占める西のマニプル丘陵、東のレタ山脈などほぼ南北に走る標高1000~2000mの数条の山岳地帯と中央に介在するインパール盆地からなる。バラク川マニプル川などの谷がある。

地方行政区分編集

 
マニプル州の行政区分

編集

主要都市編集

産業編集

農業が中心で、盆地沖積平野や山岳地帯の段々畑で、主産物の豆類が栽培される。工業は手工業で養蚕とマニプル手織り綿布は名高い。

1995年には、ミャンマーとの国境貿易制度が緩和され、インド、ミャンマー両国民は日帰りを条件にビザ不要で往来が可能となった。これ以降、国境周辺ではインドの需要を満たすための東南アジアや中国製の商品の売買を中心とした商業活動が活発化している[2]

治安編集

州内では、しばしば武装勢力の活動が活発になるため、インド軍が武装勢力に対して発砲しても罪に問われない特別法が施行されている。2017年、この法を逆手に取り、インド軍兵士が一般住民相手にニセの交戦状態を作り出して報奨金を入手する手口が問題化。インド最高裁判所は、中央情報局に捜査を命じている[3]

住民編集

民族編集

住民は主にチベット・ビルマ語族であり、メイテイ(ミーテイ、マニプル)人がもっとも多い。ほかにナガ族クキ族英語版など焼き畑農業を営む山岳民が多い。ナガ族は北のナガ丘陵英語版に階段耕作を営む定着的な民族、クキ族はチン丘陵英語版などに住む移動的な民族である。

言語編集

2001年の統計によれば、人口の58.4%がマニプリ語を用いる。ほかにタド語、タンクル語、カブイ語、パイテ語、ネパール語など[4]。マニプリ語が州の公用語であり、英語が付加的な州の公用語になっている[4]

宗教編集

2011年の統計によれば、ヒンドゥー教が41.3%、キリスト教が41.2%を占める[5]。ほかにイスラム教や伝統的な宗教(サナマヒ信仰)がある。

出典編集

関連項目編集

文学リンク編集

マニプルに関する情報の豊富なウェブサイト編集

外部リンク編集