マヌエル・ロイター

マヌエル・ロイターManuel Reuter1961年12月6日 - )は、ドイツの元レーシングドライバール・マン24時間レースで1989年と1996年に総合優勝し、ドイツツーリングカー選手権 (DTM)で活躍した事で知られる。DTMでは、主にオペルのドライバーとして活躍した。

マヌエル・ロイター、2010年

経歴編集

1970年代にカートでキャリアを開始。 1985年にDTMデビューを果たし、 フォード・シエラ XR4Tiをドライブした。 ニュルブルクリンクで初めて表彰台を獲得し、1年後のシリーズ最終戦で初優勝した。この頃ロイターは、同時期に活躍した ベルント・シュナイダーフランク・ビエラとともに、フォードのジュニアチームを結成した。

 
オペル・アストラV8クーペをドライブするロイター(2002年)

1989年後半から1997年にかけて、彼はマネージャーの元F1世界チャンピオンのケケ・ロズベルグに一目置かれ、以来オペルのワークスドライバーとして活躍するようになった。

1988年からは、DTMと並行してスポーツカーレースにも参戦を開始。ブルン・モータースポーツに1年間所属してポルシェをドライブし、1989年にメルセデスに加わり、 ル・マン24時間レースにも参加。ヨッヘン・マススタンレー・ディケンズザウバー・C9 をドライブして総合優勝した。

1992年の終わりには再びオペルのテストドライバーとしてDTMに戻る。ここでロイターは後に投入され、自身のチャンピオンマシンとなるオペル・カリブラ V6の開発に密接に関与した。

キャリアのハイライトは1996年で、DTMにも参戦していたヨーストが使用したポルシェエンジンを搭載したTWR スポーツカーで、2度目のル・マン24時間総合優勝を果たした。 同年はまた自身が開発を担当した、オペル・カリブラV6でDTMの後継カテゴリー国際ツーリングカー選手権 (ITC)のドライバータイトルを獲得した。ITCの廃止後3年間はドイツ・スーパーツーリング選手権 (STWカップ)にオペル・ベクトラで参戦し、チャンピオンを獲得することはできなかったが、合計5レースで優勝[1]。新規定となって2000年に復活したDTMにもオペルから引き続き参戦した。

2003年には、DTMに参戦しているオペル・アストラフィルカー・ストレイチェックティモ・シャイダーマルセル・ティーマンと共に2003年のニュルブルクリンク24時間レースでも優勝するなど好成績を残した。

2005年シーズンの終わりにオペルがDTMから撤退したことで、このシーズン終了後に現役を引退。しかし、ロイターはオペルパフォーマンスセンターのブランドアンバサダーとドライバーコーチとして活躍しているほか、2007年から2013年までOPCモデルの開発にも関与。クラウス・ルドヴィクの後継者として、 ARDのDTM放送の共同コメンテーターとしても活躍している。

その他の活動編集

2014年夏以来、ロイターはアクティブなDTMドライバーによって設立されたDTMDA(DTMドライバー協会)のスポークスマンを務める[2]。 マヌエルロイターは、2016年以来、FIAドライバーズ委員会のメンバーである。

 
マヌエルロイター、2012

オペル・アストラH OPCのホイールで、彼は2005年10月末に8分35秒93でニュルブルクリンクでクラスレコードを破る。「レーストラックからストリートへ技術転移」のモットーでのこのレコードドライブは、精巧にステージングされ(車とトラック上のさまざまなカメラ、ヘリコプターショット)、最終的に『Pure Passion』というタイトルのDVDに収録された。オーバーレイ測定データ、航空写真、およびコックピットの視点からの完全なラウンドを含むインボード記録が含まれ、マーケティングツールとして使用されている。

2006年以来「Driving Performance by Manuel Reuter GmbH」というイベント会社を運営し、OPCに代わって2008年のニュルブルクリンク24時間レースの準備と実施を担当している。

2008年9月、ウィスバーデンで行われたアイアンマン-70.3-トライアスロンで、ロイターは5時間8分で年齢別クラスで7位、総合ランキングで168位を獲得。この功績により彼は次の11月のフロリダのワールドカップに出場する資格を得た。 2012年8月、4:57時間のタイムグループで、アイアンマンミドルディスタンス(70.3)のヨーロッパチャンピオンになる。同年、彼はニュルブルクリンクのグリーンヘルトライアスロンと同年齢層のトライスター111モナコでも優勝した。

人物編集

ロイターはミカエラ夫人と結婚。娘が1人いる。現在もトライアスロンが趣味だという。

レース成績編集

ル・マン24時間レース編集

チーム 車両 コ・ドライバー 順位 リタイア原因
1988   ブルン・モータースポーツ ポルシェ・962C   ウォルター・レヒナー・シニア
  フランツ・ハンケラー
故障 事故
1989   チームザウバーメルセデス クリーン・C9   ヨッヘン・マス
  スタンレー・ディケンズ
優勝
1990   リチャード・ロイド・レーシング ポルシェ・962 GTi   J.J.レート
  ジェームス・ウィーバー
故障 火災
1991   ポルシェ・クレマー・レーシング ポルシェ・962 CK6   J.J.レート
  ハリ・トイヴォネン
ランク9
1992   ジョン・ニールセン
  ジョバンニ・ラバッジ
ランク7
1993   ヨーストポルシェレーシング ポルシェ・962C   ルイス・クラージェス
  フランク・イェリンスキー
故障 エンジン故障
1996 TWR-ポルシェ・WSC-95   アレクサンダー・ヴルツ
  デイビー・ジョーンズ
優勝

セブリング12時間レース編集

チーム 車両 コ・ドライバー 順位 リタイア原因
1993   ヨーストポルシェレーシング ポルシェ・962C   チップ・ロビンソン
  ルイス・クラージェス
故障 事故

バサースト1000編集

チーム チームメイト 車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1992   モービル1レーシング   ピーター・ブロック ホールデン・VP コモドール C 118 27位 3位

ドイツツーリングカー選手権編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 順位 ポイント
1985 フォード・シエラ XR4 TI ZOL WUN AVU MFA
Ret
ERD ERD DIE DIE ZOL
Ret
SIE
26
NÜR
3
22位 16
1986 フォードリングスハウゼン ZOL
Ret
HOC
12
NÜR
Ret
AVU
Ret
MFA
7
WUN
4
NÜR ZOL
4
NÜR
1
9位 69
1987 フォードリングスハウゼンモータースポーツ HOC
Ret
ZOL
7
NÜR
1
AVU
2
MFA
1
NÜR
17
NÜR
6
WUN
4
2位 124
フォード・シエラ RS500 コスワース DIE
3
SAL
12
1988 ZOL
1
ZOL
2
HOC
1
HOC
2
NÜR
1

14
NÜR
2

Ret
BRN
1

Ret
BRN
2

19
AVU
1

Ret
AVU
2

15
MFA
1

13
MFA
2

Ret
NÜR
1

14
NÜR
2

10
NOR
1

Ret
NOR
2

9
WUN
1

6
WUN
2

5
SAL
1

C
SAL
2

C
HUN
1
HUN
2
HOC
1

25
HOC
2

DNS
20位 66
1989 MS-ジェット レーシング メルセデス・190E 2.3-16 ZOL
1

8
ZOL
2

5
HOC
1

24
HOC
2

13
NÜR
1

7
NÜR
2

4
MFA
1

12
MFA
2

6
6位 214
メルセデス・190E 2.5-16 Evo AVU
1

4
AVU
2

3
NÜR
1

4
NÜR
2

7
NOR
1

9
NOR
2

9
HOC
1

13
HOC
2

Ret
DIE
1

8
DIE
2

5
NÜR
1

Ret
NÜR
2

Ret
HOC
1

6
HOC
2

5
1991 オペル チーム シューベル オペル・オメガ 3000 エボ 500 ZOL
1
ZOL
2
HOC
1
HOC
1
NÜR
1
NÜR
2
AVU
1
AVU
2
WUN
1
WUN
2
NOR
1
NOR
2
DIE
1
DIE
2
NÜR
1

20
NÜR
2

17
ALE
1
ALE
2
HOC
1
HOC
1
BRN
1
BRN
2
DON
1
DON
2
NC 0
1993 ヨースト・レーシング オペル・カリブラV6 4X4 ZOL
1
ZOL
2
HOC
1
HOC
1
NÜR
1
NÜR
2
WUN
1
WUN
2
NÜR
1
NÜR
2
NOR
1
NOR
2
DON
1
DON
2
DIE
1
DIE
2
ALE
1
ALE
2
AVU
1
AVU
2
HOC
1

Ret
HOC
2

DNS
NC 0
1994 オペル チーム ヨースト ZOL
1

Ret
ZOL
2

7
HOC
1

8
HOC
2

4
NÜR
1

6
NÜR
2

Ret
MUG
1

Ret
MUG
2

Ret
NÜR
1

8
NÜR
2

5
NOR
1

5
NOR
1

Ret
DON
1

Ret
DON
2

1
DIE
1

Ret
DIE
2

Ret
NÜR
1

6
NÜR
2

4
AVU
1

Ret
AVU
2

Ret
ALE
1

6
ALE
2

3
HOC
1

4
HOC
2

8
8位 89
1995 HOC
1

22
HOC
2

Ret
AVU
1

Ret
AVU
2

13
NOR
1

Ret
NOR
2

Ret
DIE
1

16
DIE
2

7
NÜR
1

Ret
NÜR
2

7
ALE
1

5
ALE
2

Ret
HOC
1

2
HOC
2

4
12位 39
2000 オペル チーム フェニックス オペル・アストラ V8 クーペ HOC
1

3
HOC
2

13
OSC
1

1
OSC
2

1
NOR
1

3
NOR
2

2
SAC
1

13†
SAC
2

11
NÜR
1

5
NÜR
2

5
LAU
1

C
LAU
2

C
OSC
1

3
OSC
2

2
NÜR
1

1
NÜR
2

1
HOC
1

16
HOC
2

Ret
2位 162
2001 HOC
QR

12
HOC
CR

12
NÜR
QR

Ret
NÜR
CR

DNS
OSC
QR

13
OSC
CR

15
SAC
QR

8
SAC
CR

14
NOR
QR

15
NOR
CR

8
LAU
QR

13
LAU
CR

7
NÜR
QR

12
NÜR
CR

5
A1R
QR

13
A1R
CR

4
ZAN
QR

9
ZAN
CR

13
HOC
QR

11
HOC
CR

4
9位 35
2002 オペル・アストラ V8 クーペ 2002 HOC
QR

18
HOC
CR

17†
ZOL
QR

11
ZOL
CR

15
DON
QR

3
DON
CR

14†
SAC
QR

18
SAC
CR

Ret
NOR
QR

8
NOR
CR

7
LAU
QR

11
LAU
CR

5
NÜR
QR

8
NÜR
CR

6
A1R
QR

8
A1R
CR

7
ZAN
QR

5
ZAN
CR

4
HOC
QR

6
HOC
CR

Ret
10位 7
2003 OPC チームホルツァー オペル・アストラ V8 クーペ 2003 HOC
9
ADR
Ret
NÜR
9
LAU
12
NOR
13
DON
Ret
NÜR
15†
A1R
10
ZAN
4
HOC
19†
10位 5
2004 オペル・ベクトラ GTS V8 2004 HOC
10
EST
16
ADR
13
LAU
8
NOR
8
SHA NÜR
12
OSC
3
ZAN
8
BRN
12
HOC
Ret
12位 9
2005 OPC チームフェニックス オペル・ベクトラ GTS V8 2005 HOC
Ret
LAU
16
SPA
16†
BRN
Ret
OSC
15
NOR
9
NÜR
20
ZAN
Ret
LAU
5
IST
14
HOC
12
17位 4

国際ツーリングカー選手権編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1995 オペル チーム ヨースト オペル・カリブラV6 4X4 MUG
1

9
MUG
2

Ret
HEL
1

4
HEL
2

7
DON
1

10
DON
2

6
EST
1

16
EST
2

9
MAG
1

4
MAG
2

2
6位 50
1996 HOC
1

1
HOC
2

3
NÜR
1

3
NÜR
2

1
EST
1

4
EST
2

3
HEL
1

2
HEL
2

2
NÜR
1

6
NÜR
2

5
DIE
1

10
DIE
3

6
SIL
1

6
SIL
2

6
NÜR
1

4
NÜR
2

16
MAG
1

Ret
MAG
2

DNS
MUG
1

18
MUG
2

7
HOC
1

2
HOC
2

1
INT
1

4
INT
2

4
SUZ
1

13
SUZ
3

14
1位 218

ドイツ・スーパーツーリング選手権編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1997 オペル チーム SMS オペル・ベクトラ HOC
1

15
HOC
2

12
ZOL
1

12
ZOL
2

8
NÜR
1

16
NÜR
2

DNS
SAC
1

14
SAC
2

Ret
NOR
1

Ret
NOR
2

DNS
WUN
1

9
WUN
2

6
ZWE
1

9
ZWE
2

10
SAL
1

11
SAL
2

9
REG
1

Ret
REG
2

DNS
NÜR
1

15
NÜR
2

Ret
17位 189
1998 HOC
1

2
HOC
2

1
NÜR
1

5
NÜR
2

11
SAC
1

16
SAC
2

6
NOR
1

Ret
NOR
2

10
REG
1

20
REG
2

6
WUN
1

2
WUN
2

1
ZWE
1

5
ZWE
2

20
SAL
1

3
SAL
2

15
OSC
1

8
OSC
2

Ret
NÜR
1

1
NÜR
2

3
5位 423
1999 ヴァルシュタイナー チーム ホルツァー SAC
1

4
SAC
2

5
ZWE
1

3
ZWE
2

7
OSC
1

5
OSC
2

4
NOR
1

2
NOR
2

1
MIS
1

12
MIS
2

11
NÜR
1

1
NÜR
2

Ret
SAL
1

3
SAL
2

5
OSC
1

4
OSC
2

15
HOC
1

3
HOC
2

4
NÜR
1

4
NÜR
2

DNS
6位 44

その他戦績編集

  • 1981 欧州カート選手権への参加(総合6位)
  • 1983 フォーミュラフォード 1600 DMおよびEM(総合3位、6勝)
  • 1984 ドイツフォーミュラフォード2000チャンピオン。チームヘニーフォーレンバーグVIT
  • 1985
    • ドイツフォーミュラ3 (総合4位)
    • 欧州FIAフォーミュラ3カップ VWファクトリーチーム(総合7位)
  • 1986
    • ドイツフォーミュラ3(総合4位)
    • フォード付きDTM。チームリングスハウゼン(総合7位)
  • 1987 フォード付きDTM。チームリングスハウゼン(準優勝)
  • 1988 スポーツカー世界選手権 ブルン-ポルシェでのプロトタイプ(最高のポルシェドライバー数回)
  • 1989
    • ドイツツーリングカー 選手権 Mercedes(Team Mass / Schons)(総合6位)
    • ザウバー・メルセデスとヨッヘン・マスとスタンリー・ディケンズとのル・マンからの24時間の勝利レース
  • 1990 イギリスのロイド・ポルシェとのスポーツカー世界選手権
  • 1991
    • チームポルシェクレーマーとのスポーツカー世界選手権
    • Opel TeamSchübelのテストドライバー
  • 1992
  • 1993
    • ヨーストポルシェとのIMSA GTPシリーズ (ラグナセカの勝利/アメリカ合衆国)
    • 12時間レースIMSA GTレースSebring /アメリカ合衆国
    • デイトナ/アメリカから24時間
    • フランク・ジェリンスキーと「 ジョン・ウィンター 」との24時間のル・マン
    • ヨーストポルシェとのADAC GTカップでの散発的なミッション。
    • オペルは、ドライバで動作します。ホッケンハイムのDTMでのクラス1カリブラの最初の使用
  • 1994
    • Opelは、Calibra V6(Opel Team Joest)でDTMのドライバーで
    • ポルシェセンターコブレンツのポルシェスーパーカップへの参加
  • 1995
    • Opelは、Calibra V6(Opel Team Joest)のDTM / ITCのドライバー(5位 ITC全体で、DTMで12番目)
  • 1996
    • カリブラV6のオペルワークスドライバーとしての国際ツーリングカーチャンピオン(ITC)(オペルチームヨースト)
    • アレクサンダー・ヴュルツとD・ジョーンズとのル・マン24時間レースでの勝利(チームジョストポルシェWSC)
  • 1997 オペルチームSMS(17位、 全体的に)
  • 1998 Opelは、Opel Team SMS(5th ブランド分類におけるオペルの総合ランクと勝利)
  • 1999 Opelは、Opel Team HolzerのOpel VectraでADAC STWのドライバーを使用しています(6位 全体的に)
  • 2000 Opelは、Opel Team PhoenixのOpel Astra V8 Coupeでドライバーを務めています(準優勝)
  • 2001 Opelは、Opel Team PhoenixのOpel Astra V8 CoupeでDTMのドライバーを務めています(9位 全体的に)
  • 2002 Opelは、Opel Astra V8 Coupe(10th 全体的に)
  • 2003
  • 2004 Opelは、Opel Vectra GTS V8(12th 全体的に、第三の オッシャースレーベンでのレースに参加)
  • 2005 Opelは、Opel Vectra GTS V8(17th 全体的に、第5回 EuroSpeedway Lausitzのレースに参加) ジンデルフィンゲンのスノーモービルレースに参加する

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Manuel Reuter” (英語). Super Touring Register. 2020年12月4日閲覧。
  2. ^ Manuel Reuter als Sprecher: DTM-Fahrer gründen Gewerkschaft, www.zeit.de, abgerufen am 10. Dezember 2014
タイトル
先代
ヤン・ラマース
ジョニー・ダンフリーズ
アンディ・ウォレス
ル・マン24時間優勝者
1989 with:
ヨッヘン・マス
スタンレー・ディケンズ
次代
ジョン・ニールセン
プライス・コブ
マーティン・ブランドル
先代
ヤニック・ダルマス
J.J.レート
関谷正徳
ル・マン24時間優勝者
1996 with:
デイビー・ジョーンズ
アレクサンダー・ヴルツ
次代
ミケーレ・アルボレート
ステファン・ヨハンソン
トム・クリステンセン