マヌー・ベネット(Manu Bennett、1969年10月10日 - )はニュージーランド俳優1993年、オーストラリアのドラマ『Paradise Beach』でデビュー。

マヌー・ベネット
Manu Bennett
Manu Bennett
2014年
本名 Jonathan Manu Bennett
生年月日 (1969-10-10) 1969年10月10日(50歳)
出生地  ニュージーランド ロトルア
職業 俳優
活動期間 1993年 - 活動中
配偶者 Karin Horen
テンプレートを表示

来歴編集

父親はニュージーランド人歌手、母親はオーストラリア人モデル。生後まもなくオーストラリアに移り、シドニーやニューキャッスルで育つ。

学生時代はニューサウスウェールズ男子学生ラグビー同盟チームに所属しており、またバレエ、ピアノの経験もある。

1993年にソープ・オペラでテレビデビュー。 2000年小柳ルミ子主演の映画、『TOMOKO もっとも危険な女』に出演。

2010年アメリカのテレビドラマ『スパルタカス』のクリクスス役を演じる。

2012年ピーター・ジャクソン監督の映画『ホビット』で、ドワーフの王トーリン・オーケンシールドの宿敵アゾグを演じる。また、The CWのテレビシリーズ『ARROW/アロー』でスレイド・ウィルソンを演じる。

私生活編集

2013年現在、妻カリンとの間に3人の娘がいる[1]

2015年9月13日、テキサス州のホテルで、29歳の男性と揉めたことが原因でホテルから通報を受け、暴行罪で逮捕される。同日保釈金1600ドル(約19万2000円)を支払い釈放された[2][3]

フィルモグラフィ編集

映画編集

タイトル 役名 備考
2000 TOMOKO もっとも危険な女
2001 ランタナ
Lantana
スティーヴ・ヴェルデズ 日本劇場未公開
2006 ネバー・サレンダー 肉弾凶器
The Marine
ベネット
2007 監獄島
The Condemned
パコ
30デイズ・ナイト
30 Days of Night
ビリー保安官
2010 ミノタウロスの秘宝 シンドバッドと迷宮の獣神
Sinbad and The Minotaur
シンドバッド 日本劇場未公開
2012 ホビット 思いがけない冒険
The Hobbit: An Unexpected Journey
アゾグ
2013 ホビット 竜に奪われた王国
The Hobbit: The Desolation of Smaug
2014 ホビット 決戦のゆくえ
The Hobbit: The Battle of the Five Armies
2016 ReLOAD リロード
Beta Test
クリード 日本劇場未公開
2017 ロジャー・コーマン デス・レース 2050
Death Race 2050
フランケンシュタイン英語版 日本劇場未公開

テレビシリーズ編集

タイトル 役名 備考
2010 スパルタカス
Spartacus: Blood and Sand
クリクスス レギュラー出演
計37話出演
2011 スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ
Spartacus: Gods of the Arena
2012 スパルタカスII
Spartacus: Vengeance
2013 スパルタカスIII ザ・ファイナル
Spartacus: War of the Damned
2013-継続中 ARROW/アロー
Arrow
スレイド・ウィルソン
2016-2017 シャナラ・クロニクルズ
The Shannara Chronicles
アラノン レギュラー

出典編集

外部リンク編集