マハタン(Mahtan)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。 ヴァリノールのエルフ。ノルドールのすぐれた鍛冶であり、フェアノールの義理の父。娘にネアダネル


ヴァリノールの熟練した鍛冶師であるマハタンは、ヴァラールアウレからもっとも愛され、アウレンドゥア、(アウレのしもべ)とも呼ばれた。かれは、銅の冠を頭に被り、金属に対する愛情で知られていた。マハタンはフェアノールに金属と石の加工の技を教えた。また、かれの娘のネアダネルはフェアノールの元に嫁ぎ、フェアノールの息子たちを産んだ。 のちにフェアノールはフィンゴルフィンとの不和のため、密かに剣を作り始めた。そのためマハタンはフェアノールにアウレから学んだすべてを授けたことをひどく後悔した。

マハタンには、エルフには珍しく、若い者にはとくに珍しい顎鬚があった。J・R・R・トールキンによると、たいていのエルフはかれらの生命の「第三周期」にのみ顎鬚が生えたというが、マハタンは、「第二周期」の早期にはえた唯一の例外である。この「周期」が実際、何であるのかという説明は不明確である。

フェアノールの系図編集

 
 
 
 
 
 
 
フィンウェ
 
ミーリエル
 
マハタン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェアノール
 
 
 
ネアダネル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マイズロス
 
マグロール
 
ケレゴルム
 
カランシア
 
クルフィン
 
アムロド
 
アムラス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケレブリンボール