メインメニューを開く

マーディア (アラビア語: المهديةal-Mahdiya, Mahdia) は、チュニジア東部のマーディア県の首都である。マディアマフディアとも。

地中海に面する。人口4万5977人 (2004)。

歴史編集

古代フェニキア時代から続く都市で、当初はルスパエ (Ruspae)、のちにはヘンキル・スビア (Henchir Sbia) またはスビア (Sbia)、6世紀にはルスピナ (Ruspina) と呼ばれた。

921年ファーティマ朝によりイフリーキヤの都として再建された。

1087年ジェノヴァピサの攻撃を受けた (Mahdia campaign)。1390年には十字軍の攻撃を受けた (マーディア十字軍)。

画像編集

外部リンク編集