マフムード・ハン

マフムード・ハン・ビン・クチュクペルシア語: محمود بن کوچک‎、1459年以前 - 1460年代/1470年代没)は、ジョチ・ウルス最後の政権である大オルダのハン(在位:1459年 - 1465年)。大オルダのハンであるクチュク・ムハンマドの息子[1]

アストラハン・ハン国の領土

概要編集

ロシアの年代記には記載されず、アストラハンで鋳造した硬貨にも「ティムール・ハンの息子であるムハンマド・ハンの息子であるマフムード・ハン」と記されているだけで鋳造年がなかったという[1]。1465年、弟のアフマド・ハンに反乱を起こされ、権力を奪取された。

後に息子のカシム1世英語版[2]アストラハン・ハン国を建国した。

脚注編集

  1. ^ a b Howorth 1880, p. 305.
  2. ^ Howorth 1880, p. 350.

参考文献編集

マフムード・ハン

生年不明 - 没年不明

先代:
クチュク・ムハンマド
大オルダのハン
1459年 - 1465年
次代:
アフマド・ハン