メインメニューを開く

ママさんバレーとは、主に子供を持つ女性が趣味として行うバレーボールに関する活動をいう。9人制バレーであることが多い。

概要編集

全国ママさんバレーボール大会』の参加資格は25歳以上(Vリーグ等の大会出場経験者は35歳以上)の女性となっており、必ずしも既婚や子持ちである必要はない。また、50歳以上限定の「いそじ大会」、60歳以上限定の「ことぶき大会」というカテゴリも存在する。ママさんバレーとほぼ同じ意味で家庭婦人バレーという言葉も用いられる。

ママさんバレーが普及したのは、1964年東京オリンピックバレーボール全日本女子が活躍した頃で、PTA公民館を通じ全国に普及した。また1970年代の高度経済成長による主婦層の余暇の増加により、レジャーに目を向けるきっかけを生んだこともママさんバレーが普及した要因である。

歴史編集

脚注編集

関連項目編集

リンク編集