メインメニューを開く

ママは同級生』(ママはどうきゅうせい)は、あづまゆきによる日本漫画作品。『ヤングチャンピオン』(秋田書店)にて、2008年No.2から月1回掲載され、2011年No.14まで連載された。単行本は全4巻。サブタイトルは漢字2文字である。

ママは同級生
ジャンル ラブコメディ
漫画
作者 あづまゆき
出版社 日本の旗 秋田書店
掲載誌 ヤングチャンピオン
レーベル 日本の旗 ヤングチャンピオンコミックス
台湾の旗 Ching Win Youth Comic
発表期間 2008年No.2 - 2011年No.14
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

目次

あらすじ編集

高校2年生に進級した如月遼は、進級したその日に父親が連れてきた再婚相手に驚愕する。

再婚相手はクラスメイトの今井結花だった。

登場人物編集

如月遼(きさらぎ りょう)
本作の主人公。高校2年生。基本的には良識人だが、能天気な面もある。母・百合は小学5年生の頃に他界し、父・鷹之は医者で忙しいため、実質一人暮らし状態だったが、同級生の結花が“母親”として一緒に住むことになったことで生活が一変する。実は結花とは小学校5年生のときに父親に会いに来た際に一度だけ会ったことがあるが、本人にその記憶はなく、結花が見せてくれた鷹之のアルバムを見せられても、記憶は曖昧だった。
同級生の結花が養母になったことにとまどいながらも、結花を段々と受け入れていくが、結花が継母であることを恋人の遥にも隠しているため、遥に申し訳なさを感じている。その為、アルバイトで金を稼ぎ、2学期になってからはアパートを借りて一人暮らしを始めるようになり、遥にも真実を伝える決意をする。しかし、真実を伝えようとした矢先に鷹之が亡くなった為に伝えることができず、鷹之の葬儀後に結花と共に真実を伝えることにするが、気持ちが先走ってしまい、1人で遥の下に向かう。遥は留守であり、レオから遥が如月家に向かったことを知らされ、自宅に戻る途中に結花から真実を聞かされた遥と会うが、遥から別れを言い渡されてしまう。それでも、遥への想いは変わらず、遥からも完全に拒絶されていたわけではなかった為、遥と和解し、元の鞘に戻ることができた。
鷹之が亡くなったことをきっかけに結花を母親として認め、「二度と病院暮らしはさせない」と決意し、実家に戻り、如月家に同居した遥と秀一と共に結花を出迎えた。
新生如月家では家計を支える大黒柱となる。
今井結花 / 如月結花(いまい ゆか / きさらぎ ゆか)
本作のヒロイン。遼のクラスメイト。幼い頃に両親を亡くし、自身も病気を患い、長い間、病院生活を送っていた。主治医である鷹之が妻・百合を亡くした際、鷹之を支える決意をし、高校2年生に進級後、鷹之の後妻となり、同級生の遼の継母にもなる。
おとなしい性格だが芯は強く、天涯孤独だったこともあってか、家族に対する想いも強い。病気は治ってはいるが、身体が弱いため、発作を起こすことがあり、寝汗をかくので毎朝シャワーを浴びるのを日課にしている。学校内や遥たちと行動を共にする際は目立たないようにするため、眼鏡をかけて髪も三つ編みにしているが、髪型は変えるときもある。学業は英語を初め、成績優秀だが、体育は休むこともある。
遼の母親としての自覚もあり、鷹之の後妻にして遼の継母でもあることは、遼と鷹之以外には秘密にしていることもあって、遼とその恋人の遥への配慮も欠かさない。だが、家族への思いの強さから、遼がアパート暮らしを始めることにした際には「家族は一緒にいたほうがいい」と遼を軽蔑するような発言をしてしまった。
鷹之の死後、喪主を務め、夫を見送った。鷹之の死から葬儀を終えるまで自身の感情に蓋をし、葬儀を終えて帰宅後、遼の言葉で蓋を解き放ち、遼の胸で号泣。その後の遼との会話で母親として認めてもらえた。しかし、遼が遥から離れていくことを危惧し、2人の仲を壊してはいけない一心から遥に連絡を取り、真実を話すことにする。本来なら遼と一緒に告げるはずだったが、それを伝える前に遼が1人で遥の家に向かってしまい、その入れ替わりに遥が訪れ、遥の願いもあり、1人で真実を伝える。その結果、遥から遼を拒絶することを告げられ、遥への説得も効果がなく、遥は帰宅。その直後に遼と遥を破局させることになった報いのごとく起きた発作で倒れてしまう。一命を取り留めた後、遼から遥と仲直りしたことを知らされるが、罪悪感から如月家を出て療養所に行こうとする。遼と如月家の家族になった遥と秀一による支えも一度は断るが、自身を病人ではなく役割を持った家族として迎え入れてくれたことで考えを改め、遥とも和解を果たした。遼と遥を破局させかけたことへの贖罪も込めて、息子・遼とその恋人で将来の娘となる遥を如月家で見守っていく。単行本の追加エピローグでは母親らしい成長を見せた。
12月24日生まれ。血液型はO型。趣味は読書。好きな食べ物は和食。苦手な食べ物は炭酸飲料。バストはF[1]。試着すると即決するタイプ。
新生如月家では料理係を担当。また、遥と秀一の家庭教師も行う。
SCHOOLMATE Kiss』には彼女と同姓同名の教師が登場するが、世界観を共有した同一人物かは不明。
朝倉遥(あさくら はるか)
本作のもう1人のヒロイン。遼のクラスメイトであり恋人。遼が父子家庭であることに同情したことが元で遼と交際を始めた。献身的でしっかり者なムードメーカー。テニス部所属。
結花が遼と共に如月家に入っていく姿を目撃したことから、遼と結花の関係を疑うようになる。一度は結花の虚実を交えた説明で落ち着くが、レオから結花が遼と同棲している事を教えられたことで再び疑念に駆られるようになり、鷹之の喪主を彼の患者にすぎないはずの結花が務めたことから結花が遼の養母ではないかと考え、結花から真実を伝えられたことで予感は的中したことになった。
遼と同居している結花への嫉妬から自棄気味となり、結花に皮肉を告げ、遼にも別れを言い渡してしまうが、秀一の説得や結花が発作で倒れたことで自身の行き過ぎた行動を反省。遼が本当に自分のことを想ってくれていることを知ったこともあり、遼と仲直りする。その後、如月家での同居生活を開始し、結花に「私が如月家に住むのもわがままなのでおあいこ」と結花を許し、和解。結花を母親としても見るようになる。
新生如月家では料理以外の家事を担当すると共にバイトも始める。
徳田秀一(とくだ しゅういち)
遼のクラスメイトにして友人。調子の良い性格だが気配りが利く。女性の着替えや入浴を覗いたり、出先ではじけすぎて風邪を引いたりするなど、トラブルメーカーな面もある。一緒のクラスになった結花に恋心を抱くようになった。学校では体育委員を務めている。
遥を通じて結花が遼の養母でもあることを知った後、遼を拒絶した遥を説得し、話し合うために如月家を訪れた際に発作で倒れた結花を発見したことで結花の命を救い、真実を隠していた遼に対しては一発殴ったことで許した。遼・結花・遥の3人のために自身も含めて一緒に如月家に住むことを提案した。結花への恋心がどうなったかは不明。
劇中には登場しないが、家族は多い。
新生如月家では遼と共に大黒柱を務める。
如月鷹之(きさらぎ たかゆき)
遼の父親。職業は医者で、結花が幼い頃からの主治医。妻・百合を亡くして傷心状態にあったが、結花に支えられる。その縁から結花と再婚。結花のことで遼に苦労をかけていることに申し訳なさを感じてはいるものの、結花への愛から遼を非難することも少なくはなかった。
実は病気を患っており、家族の間では妻の結花だけが知っていると思われたが、息子の遼も気付いていた。結花によると遼に病気のことを伝えなかったのは息子の自立を願ってのことだったという。結花との結婚を早めたのも病気のためであり、病気のせいで結花との性行為もできなかった。奇しくも遼が自立のために一人暮らしを始めた直後に病死。喪主は最期を看取ってくれた妻・結花が務めた。
結花の主治医は別の医師に引き継がれたが、緊急入院した結花の治療を担当した男性医師が新しい主治医だったかどうかは不明。
如月百合(きさらぎ ゆり)
遼の母親。遼が小学5年生の頃に亡くなった。百合が亡くなってから間もない頃に遼は一度だけ会ったことのある結花に亡き母の面影を重ねたこともあった(実際は結花と百合は容姿が異なる)。息子・遼と夫・鷹之の回想内と単行本の追加エピローグで描かれた写真内のみの登場。結花は百合と会ったことはないが、百合には敬意を払っており、鷹之が結花と一緒にいる時間を増やすために、病院に近い家に引っ越そうと考えた際には「あの家には百合さんの想いがたくさん詰まっています」と鷹之の引っ越し案に反対したこともあった。なお、結花視点で描かれた旧如月一家が写った写真がエピローグのラストを飾った。
ミラクル
鷹之が勤務する病院の前に捨てられていた子猫。鷹之が拾い、結花が名前を付けた。
結花と出会ったホテルで、部屋の中にカードキーを落としてしまった結花に部屋の中からカードキーを渡すという奇跡を起こしたことから、ミラクルと名付けられた。結花が療養所暮らしを考えたとき、一緒に連れて行こうとした。
月野(つきの)
遼のバイト先であるドーナツショップの店員の女性。遼のアパート探しに協力した。結花が遼の恋人だと勘違いしている。
緒方レオ(おがた レオ)
結花たちと同じ学校に通う高校1年生の少女。遼が引っ越したアパートの隣のアパートで一人暮らし。不良っぽい少女でクラスでも特に友人を作っていない。ぶっきらぼうだが、心根は優しい。彼氏の手で局部にタトゥーを付けているが、その彼氏は浮気性で、そのことを知りながらも離れられない状態にあり、男性不信となっている。結花たちとはミステリーツアーで出会った。
遼と結花が同棲していることを知り、事情を知らないとはいえ、遼を二股呼ばわりし、遥にもそのことを伝える。彼氏にセクハラ行為をされかけた際に遥に助けられた後、結花からの電話を受けた遥を如月家に送り出し、遼から真実を聞かされた際にも半信半疑ながらも遼を遥の下に送り出した。互いを思いやる遼と遥の姿を見て彼氏と別れる決意をし、遼から同居の提案を聞かされた後、自身も如月家に同居するために如月家を訪れたシーンで本誌連載分は終了。単行本の追加エピローグでは「遼が浮気をしないかどうかを見届ける」という理由で如月家に加わり、遥と共にドーナツショップでバイトを始めることになった。遥とは口論してばかりであるが、遥から遼がタトゥーを消してくれる病院を探してくれたことを教えられた際は礼を言った。
レオの彼氏
レオが交際している男性。本名及び職業は劇中では明かされなかったが、レオよりも年上な印象を持つ。レオにタトゥーを付け、「2人の絆の証」だとレオに告げるが、実際にはレオ以外の女性とも多く交際している。嫌がるレオにセクハラ行為を行い、やめさせようとした遥にもセクハラ行為を働こうとするが、遥が防犯ベルを鳴らしたことで、その場を立ち去る。
遥の母
遥の母親。遥に拒絶された遼が訪れた際、事情は聞かず「お互いが愛し合っていれば、どんな困難も乗り切れる」と助言した。

書誌情報編集

あづまゆき 『ママは同級生』 秋田書店〈ヤングチャンピオンコミックス〉

  1. 2008年12月9日発行 ISBN 978-4-253-14897-9
  2. 2009年10月20日発行 ISBN 978-4-253-14898-6
  3. 2010年10月20日発行 ISBN 978-4-253-14899-3
  4. 2011年9月20日発行 ISBN 978-4-253-14900-6

脚注編集

  1. ^ 大きいのに、つきたてのお餅みたいに柔らかい(遥談)。遥や学校の養護教師に触られたこともある。

外部リンク編集