メインメニューを開く

マミ 熊野(マミ くまの、1960年1月15日 - )は、兵庫県家島町(現:姫路市)出身の日本の元女子プロレスラー。本名・熊野 磨美(くまの まみ)。現在は結婚し新井磨美。

マミ 熊野
プロフィール
リングネーム マミ熊野
本名 熊野 磨美
身長 160cm
体重 64kg
誕生日 (1960-01-15) 1960年1月15日(59歳)
出身地 兵庫県
所属 全日本女子プロレス
トレーナー 柳みゆき
デビュー 1977年
引退 1981年10月20日
テンプレートを表示

人物編集

1977年(昭和52年)全日本女子プロレスオーディション前に入門。

池下ユミ率いる悪役集団「ブラック軍団」に加わり、正規軍のビューティペアらと抗争を展開。阿蘇しのぶ引退後、池下の「ブラック・ペア」で3代目パートナーとなり、「人間絞首刑」を武器にWWWA世界タッグ王座を獲得した。

試合では悪役であったが、舞台裏では新人時代に酷いいじめにあっていた後輩のダンプ松本を度々庇ったり、レスラーを辞めようかと悩んでいたダンプを影から支えていたといい、性格も温厚で"良い先輩"であった。ダンプのファンから『全女で好きだった先輩は?』の質問にマミと池下の名前を挙げ、『マミさんと池下さんは優しくて大好きな先輩だった』とダンプ松本は自身のブログなどで綴っている。

1981年10月、引退。家島に帰郷し漁師の男性と結婚し6児の母となっていることが2012年10月18日放映の「かんさい情報ネットten.」であきらかになった。

引退した年にデビューした山崎五紀は同郷の後輩でもある。

獲得タイトル編集

入場テーマ曲編集

  • 「Cry No More」(作曲:桜庭伸幸)※のちにこの曲は彼女を慕っていた後輩のクレーン・ユウに受け継がれた。

関連項目編集