メインメニューを開く

マムカ・バフタゼグルジア語: მამუკა ბახტაძე、Mamuka Bakhtadze、1982年6月9日 - )ジョージア政治家。 2018年6月20日から同国首相を務めている。 2017年11月13日から2018年6月13日まで財務大臣を務めた。

「マムカ・バフタゼ」
მამუკა ბახტაძე
Mamuka Bakhtadze.png
ジョージア (国)の旗 第13代 ジョージア首相
就任
2018年6月20日
大統領 ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ
前任者 ギオルギ・クヴィリカシヴィリ
ジョージア (国)の旗 ジョージア財務大臣
任期
2017年11月13日 – 2018年6月13日
首相 ギオルギ・クヴィリカシヴィリ
前任者 ディミトリ・クムシシュヴィリ
後任者 ニコロス・ガーグア
個人情報
生誕 (1982-06-09) 1982年6月9日(37歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦Flag of the Georgian Soviet Socialist Republic.svg グルジア・ソビエト社会主義共和国トビリシ
政党 グルジアの夢=民主グルジア

略歴編集

1982年6月9日、旧ソ連グルジア・ソビエト社会主義共和国トビリシにて出生。モスクワ大学修士課程を修了[1]

グルジア鉄道CEOや国際エネルギー公社英語版(GIEC)の事務総長を務めた後[2]、2017年11月13日から財務大臣。 2018年6月13日にギオルギ・クヴィリカシヴィリ首相が辞任し、翌14日に与党グルジアの夢=民主グルジアの首相候補に選出された[3]。6月20日に議会クタイシでの臨時会合において、バフタゼを首班とする政府の閣僚人事案を賛成99票、反対6票で承認した[2][4]

出典編集