マメロディ・サンダウンズFC

マメロディ・サンダウンズFCMamelodi Sundowns Football Club)は、南アフリカ共和国プレトリアを本拠地とするサッカークラブ。

マメロディ・サンダウンズ
原語表記 Mamelodi Sundowns Football Club
愛称 The Brazilians, Bafana Bastyle, Kabo Yellow, Downs
創設 1970
所属リーグ プレミアサッカーリーグ
所属ディビジョン 2位(2020/21)
ホームスタジアム ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム
収容人数 51,762
運営法人 パトライス・モトセペ
監督 ピツォ・モシマネ
公式サイト [www.sundownsfc.co.za 公式サイト]
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

1996年にプレミアサッカーリーグが設立されて以来、同リーグを7回制覇している強豪である。愛称としてThe Braziliansが挙げられるが、これはクラブのユニフォームがブラジル代表のそれと似ている事からつけられている。

歴史編集

プレトリアのマラバスタッドで1960年代初頭に若者達によって設立された。その後1970年に公式なサッカークラブになった。

1973年に連邦プロサッカーリーグに加盟、同年にはコカコーラカップで決勝に進出する快挙を達成したものの、ベレア・ユナイテッドFCに5-3で敗れた。

1978年に同リーグが縮小され2部が設立されると、2部落ちした。昇格を狙う戦いは5年間に及び、その間にフロント側がクラブの解散を決定した事もあったが、するとその代替として新たにクラブが設立されたため、実質的にクラブは引き継がれた。

1984年に南アフリカ共和国では初めて人種に依らないサッカーリーグであるナショナルサッカーリーグが設立され、翌1985年に昇格しこれに参加した。しかしゾラ・マホベ所有の下迎えた初シーズンは厳しい結果となった。

1988年にはクラブの所有権がスタンダード銀行へと渡るが、その後ゾラ・マホベが所有権を取り返した。クラブは清算の危機を迎えるが、サッカー一家であったがTsichlas家が銀行を説得し、この危機を脱した。その後同家は企業を設立、株式全てを買い取り躍進を遂げた。この時に初めてのタイトルを獲得している。

1990年代に入ると黄金期に入り、多くのトロフィーを獲得した。1996年にナショナルプレミアリーグが設立されると、1998年から2000年にかけてリーグも3連覇した。

CAFチャンピオンズリーグ2001では決勝にまで進んだものの、アル・アハリに合計4-1とされ敗北した。

2004年にはクラブの発展に大きく寄与したTsichlas家からパトリック・モトセペが51%の株を取得、後に残りの49%も取得した。新たなオーナーの下でもクラブは強く、2006年5月にはミヘル・アンヘル・ガムンディネイル・トビー監督の下リーグを制し、7回目のリーグ制覇となった。

2006-07シーズンは低調な出だしとなったが、ゴードン・イゲスンドを監督に据えるとリーグを連覇した。ネドバンク・カップも決勝に進出し、ダブルでのタイトル獲得も期待されていたが、アヤックス・ケープタウンFCに敗れた。

2009-10シーズンも前半は低調であったが、監督がテッド・ドゥミトルからフリスト・ストイチコフに代わると後半で巻き返し最終的に二位につけた。

翌2010-11シーズンではストイチコフ体制でアシスタントコーチを務めていたアントニオ・ロペス・ハバスが監督に昇格すると、前半を首位で折り返した。しかし後半に失速し最後2戦で優勝を逃すと辞任。アシスタントコーチであったイアン・ゴロワが代理として監督に昇格した。その後、ヨハン・ニースケンスが監督に就任した。

2012年3月4日にはネドバンク・カップのパワーラインズFC戦で24-0の勝利を収めて同国史上初めてのサッカー記録を打ち出した[1][2]

2016年にはFIFAクラブワールドカップに出場し、12月11日に吹田サッカースタジアム鹿島アントラーズと対戦したが0-2で敗れ、12月14日に5位決定戦に回るもアジア王者である全北現代モータースにも1-4で敗れ、一勝も挙げることができずに日本を去った。

タイトル編集

国内タイトル編集

1988, 1990, 1993
1997–98, 1998–99, 1999–00, 2005–06, 2006–07, 2013–14; 2015-16; 2017/18, 2018/19, 2019/20, 2020/21
1986, 1988, 2008, 2015, 2020
1990, 1999, 2015, 2019
1988, 1990, 2007
1991, 2000, 2004, 2005, 2006
  • オールソンズ・チャレンジカップ:
1988

国際タイトル編集

2016

現所属メンバー編集

2018年2月27日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   ケネディ・ムウェーネ
2 DF   タボ・エンテテ
4 DF   テボゴ・ランガーマン (第2主将)
5 MF   アサヴェラ・ムベキレ
6 DF   ウェイン・アレンセ
7 MF   オウパ・マニサ
8 MF   フロンフォ・ケカナ (主将)
9 FW   カスバート・マラジラ
11 MF   シブシソ・ヴィラカジ
13 MF   ティヤネ・マブンダ
14 GK   デニス・オニャンゴ
15 MF   ラッキー・モホミ
16 MF   リカルド・ナシメント
17 MF   ジョージ・レビシ
18 MF   テンバ・ズワネ
19 MF   ジェレミー・ブロッキー
No. Pos. 選手名
20 DF   アネレ・エンコンカ
25 FW   オーブリー・エンゴマ
26 FW   ガストン・シリーノ
27 MF   タペロ・モレナ
28 MF   アンソニー・ラフォル
29 DF   スマホロ・バンガリー
31 GK   ブライマー・ラザク
32 DF   モチェカ・マディシャ
33 MF   ハマ・ビリアト
34 DF   テンド・ムクメラ
35 FW   ケレツォ・マクガルワ
37 FW   Thokozani Sekotlong
38 DF   シヤボンガ・ズールー
40 DF   リバウド・クッツェー

歴代所属選手編集

記録編集

出典:[3]

リーグ記録編集

スポンサー編集

  • シャツスポンサー: Ubuntu Botho
  • キット製作: Puma

出典編集

  1. ^ “Sundowns make South African history with 24–0 win”. BBC Sport (BBC). (2012年3月4日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/17259535 2012年3月7日閲覧。 
  2. ^ Downs thrash Powerlines in record win”. Sundowns FC (2012年3月4日). 2012年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月7日閲覧。
  3. ^ Mamelodi Sundowns”. Kickoff.com. 2013年11月17日閲覧。

外部リンク編集