マヤラ・マグリ(Mayara Magri)は、ブラジル出身のバレエダンサーである。ロイヤル・バレエ団のファースト・ソリストを務める[2]。2021年9月から、プリンシパルに昇格することが発表されている。

マヤラ・マグリ
Mayara Magri
生誕1994年/1995年( 26歳–27歳)[1]
ブラジル
職業バレエダンサー
現所属ロイヤル・バレエ団
ジャンルバレエ

幼少期編集

ブラジルで生まれ育ち、8歳のときに、リオ・デ・ジャネイロのプチ・ダンス・スクールで学ぶためのスカラシップを授与された。2011年、16歳のときに、ユース・アメリカ・グランプリのシニア部門グランプリ、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップと観客賞を受賞した[2][3]。教師からはアメリカで学ぶことを勧められたが、ロンドンのロイヤル・バレエ学校に進むことを選んだ。マグリはそれまでワガノワ・メソッドで学んでいたため、イギリス式の教授法に適応しなければならなかった。

経歴編集

2012年、17歳でロイヤル・バレエ団への入団オファーを受けた。2015年にファースト・アーティスト、2016年にソリスト、2018年にファースト・ソリストに昇進した。この間、『ドン・キホーテ』のキトリ、『ラ・バヤデール』のガムザッティ、『うたかたの恋』のミッツィ・キャスパー、『マノン』のレスコーの情婦などを演じている[2]。2020年6月、オンラインで放送された新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けて閉鎖されていたロイヤル・オペラ・ハウスの再開公演で、マシュー・ボールとともにクリストファー・ウィールドンの『Within the Golden Hour』抜粋を踊ったが、このときボールとともに5日間でパ・ド・ドゥをものにして公演に臨んでいる[4]。2021年5月には、ロイヤル・バレエ団から同年9月をもってマグリをプリンシパルに昇格させることが発表された[5]

参考文献編集

  1. ^ “In Conversation with Mayara Magri, First Soloist of the Royal Ballet”. The Strand Magazine. (2019年2月15日). https://www.thestrandmagazine.com/single-post/2019/02/15/In-Conversation-with-Mayara-Magri-First-Soloist-of-the-Royal-Ballet 
  2. ^ a b c Mayara Magri”. Royal Opera House. 2020年4月27日閲覧。
  3. ^ “Interview: Mayara Magri, First Soloist, The Royal Ballet”. DanceTabs. (2018年11月10日). https://dancetabs.com/2018/11/interview-mayara-magri-first-soloist-the-royal-ballet/ 
  4. ^ Parry, Jann (2020年7月1日). “Royal Opera House/Royal Ballet – Live from Covent Garden: Third Concert (27 June)”. DanceTabs. https://dancetabs.com/2020/07/royal-opera-house-royal-ballet-live-from-covent-garden-third-concert-27-june/ 
  5. ^ Woodfield (2021年5月18日). “The Royal Ballet announces Company promotions”. Royal Opera House. 2021年5月18日閲覧。