メインメニューを開く

マラスクスMarasuchus)は三畳紀中期、ラディニアン英語版(約2億3000年前)に生息した恐竜に似た鳥頸類の属の1つである。化石はアルゼンチンチャニャーレス層英語版から発見されている。全長40 cm程の小型の捕食者である[1]

マラスクス
生息年代: 230 Ma
Marasuchus.JPG
復元骨格
地質時代
三畳紀中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
: マラスクス属 Marasuchus
学名
Marasuchus
Sereno & Arcucci, 1994
タイプ種
Lagosuchus lilloensis
Romer, 1972
  • M. lilloensis (Romer, 1972)
アーティストによる復元図
復元図

タイプ種 Lagosuchus lilloensis Romer, 1972[2](有効名はMarasuchus lilloensis (Romer, 1972))は最初ラゴスクス属の第2の種 Lagosuchus lilloensis として記載された。しかし、1994年、ポール・セレノとAndrea B. Arcucciは研究の結果ラゴスクスの最初の標本(タイプ種)はあまりにも保存状態が悪く、他の種をこの属に含めることは不可能であると結論付けた。そしてL. lilloensis は独自の新属マラスクスに再分類された[3]

系統編集

 
ヒトの足と比較した生体復元図 (羽毛なし)

2003年以来マラスクスは恐竜に最も近縁な仲間であると考えられていた。現在ではその地位はシレサウルス Silesaurusなどの他の恐竜様類にとって代わられた。それでもなお、マラスクスは未だ恐竜の形質の進化と起源を理解するのに重要な動物のひとつである[4]。以下に示す分岐図は、恐竜様類の基部はNesbitt (2011)、恐竜類はBaron et al. (2017)に基づく。


 恐竜様類 Dinosauromorpha 

ラゲルペトン科 Lagerpetonidae


 恐竜形類 Dinosauriformes 

マラスクス Marasuchus  




シレサウルス科 Silesauridae 


 恐竜 Dinosauria 
竜盤類 Saurischia

ヘレラサウルス科 Herrerasauridae 



竜脚形亜目 Sauropodomorpha 



オルニトスケリダ Ornithoscelida

鳥盤類 Ornithischia 



獣脚類 Theropoda 








参照編集

  1. ^ http://www.palaeocritti.com/by-group/dinosauriformes/marasuchus
  2. ^ 国際動物命名規約 勧告67Bより設立時の学名がタイプ種
  3. ^ Sereno, Paul C. and Arcucci, Andrea B. (1994). "Dinosaurian precursors from the Middle Triassic of Argentina: Marasuchus lilloensis gen. nov." Journal of Vertebrate Paleontology 14: 53-73 Chicago, IL Abstract
  4. ^ Rafferty, John P, ed (1 April 2010). The Mesozoic Era: Age of Dinosaurs. Britannica Educational Publishing. p. 126. ISBN 1615301933. https://books.google.com.tr/books?id=vb-cAAAAQBAJ&pg=PA126&lpg=PA126&dq=Marasuchus&source=bl&ots=-mIAwwZKHW&sig=zZJkIv7zoStfWFUBV6zUhnGZb5M&hl=tr&sa=X&ved=0ahUKEwjIjIWurevLAhXBiiwKHcWbDKE4ChDoAQhWMAk#v=onepage&q=Marasuchus&f=false 2016年3月31日閲覧。.