マリアン・ウィリアムソン

マリアン・ウィリアムソン(Marianne Williamson、1952年7月8日 - )は、アメリカ合衆国著作家である。

マリアン・ウィリアムソン
Marianne Williamson
Marianne Williamson - 33252886458 (cropped).jpg
2019年
生誕 (1952-07-08) 1952年7月8日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ヒューストン
職業著作家
署名
Marianne Williamson signature.png

経歴編集

1952年7月8日[1]テキサス州ヒューストンに生まれる[2]。弁護士の父親と主婦の母親を持つ[3]ユダヤ教の家庭で育った[4]ポモナ・カレッジで演劇と哲学を学んだが、1973年に中退[5]。ナイトクラブの歌手になるためにニューヨークへ移り住んだ[5]。1979年、ヒューストンに戻った[6]

1983年にカリフォルニア州ロサンゼルスへ移り住み、講演者としての活動を開始した[7]。1992年以降は著作家としても活動している[8]

2014年のアメリカ合衆国下院議員選挙に出馬し、落選した[9]。2019年1月28日、2020年アメリカ合衆国大統領選挙民主党から立候補することを表明した[10]が支持が伸びず、同年7月には候補者討論会への参加資格を喪失。2020年1月10日に選挙からの撤退を表明した[11]

著書編集

脚注編集

  1. ^ Kaji, Mina; Palaniappan, Sruthi (2019年7月30日). “Marianne Williamson: Everything you need to know about the 2020 presidential candidate”. ABC News. 2019年7月31日閲覧。
  2. ^ Dickson, E.J.; Collins, Sean (2019年1月30日). “Marianne Williamson is Oprah's spiritual adviser. She's also running for president.”. Vox. 2019年7月31日閲覧。
  3. ^ Harel, Monica Corcoran (2014年5月27日). “The New Age of Marianne Williamson”. Los Angeles. 2019年7月31日閲覧。
  4. ^ Zeitlin, Matthew (2019年6月28日). “Marianne Williamson and the rise of "spiritual but not religious"”. Vox. 2019年7月31日閲覧。
  5. ^ a b Geraghty, Jim (2019年7月1日). “Twenty Things You Probably Didn’t Know about Marianne Williamson”. National Review. 2019年7月31日閲覧。
  6. ^ Carto, Justin (2019年6月28日). “She Wants to Fight Trump with 'Love': What to Know About Unlikely Presidential Candidate Marianne Williamson”. People. 2019年7月31日閲覧。
  7. ^ Pristin, Terry (1992年2月16日). “COVER STORY: The Power, the Glory, the Glitz: Marianne Williamson, an ex-nightclub singer, has attracted many in Hollywood with her blend of new-time religion and self-help--and alienated more than a few”. Los Angeles Times. 2019年7月31日閲覧。
  8. ^ Marsh, Stefanie (2019年7月30日). “Marianne Williamson: the 'leftwing Trump' preaching the Politics of Love”. The Guardian. 2019年7月31日閲覧。
  9. ^ Thompson, Catherine (2019年4月13日). “Marianne Williamson Wants To Convince You That Love Can Be A Winning Presidential Platform”. Bustle. 2019年7月31日閲覧。
  10. ^ Abcarian, Robin (2019年1月29日). “Column: We already have a reality TV star president, so why not New Age love guru Marianne Williamson?”. Los Angeles Times. 2019年7月31日閲覧。
  11. ^ “女性作家が米大統領選撤退 民主指名争い、13人に”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年1月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011100255&g=int 2020年1月14日閲覧。 

外部リンク編集