マリア・アンナ・フォン・ザヴォイエン

オーストリア皇帝フェルディナント1世の皇后

マリア・アンナ・フォン・ザヴォイエンMaria Anna von Savoyen, 1803年9月19日 - 1884年5月4日)は、オーストリア皇帝フェルディナント1世の皇后。イタリア語名:マリーア・アンナ・カロリーナ・ピア・ディ・サヴォイアMaria Anna Carolina Pia di Savoia)。

マリア・アンナ・フォン・ザヴォイエン
Maria Anna von Savoyen
オーストリア皇后
Johann Nepomuk Ender 002.jpg
在位 1835年3月2日 - 1848年12月2日
別称号 ハンガリー王妃
ボヘミア王妃
ロンバルド=ヴェネト王妃

出生 1803年9月19日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ、コロンナ宮殿
死去 (1884-05-04) 1884年5月4日(80歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ボヘミア王国プラハ
埋葬 1884年5月12日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国カプツィーナー納骨堂
結婚 1831年2月27日ホーフブルク宮殿
配偶者 オーストリア皇帝フェルディナント1世
家名 サヴォイア=ブレッセ家
父親 サルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世
母親 マリーア・テレーザ・ダウストリア=エステ
テンプレートを表示

生涯編集

サルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ1世とその王妃マリーア・テレーザの娘として、ローマコロンナ宮殿で生まれた。パルマ公妃となったマリーア・テレーザとは双子の姉妹である。母方の祖父母には、オーストリア=エステ大公フェルディナンドマリーア・ベアトリーチェ・デステがいる。二人の王女は教皇ピウス7世から洗礼を受けた。

1831年に皇太子フェルディナント大公と結婚した。二人の間に子どもはなかった。

フェルディナンドは1835年3月2日にオーストリア皇帝に即位し、マリア・アンナも皇后となった。1836年9月12日にはプラハでボヘミア王妃の戴冠式を行った。ドイツ語に慣れていなかったが、思慮深い態度のおかげで彼女は高い人気を博し、毎年7月26日に皇后を称える祭りが開かれた。国政に何の影響も及ぼさなかったマリア・アンナは自ら「看護婦」を自任し、夫の日常生活を補助することに献身した。

1848年革命に際して宰相クレメンス・フォン・メッテルニヒに対する支持を撤回したが、後には革命勢力を強硬に鎮圧することに同調した。一方、時局を収拾するために権力の移譲が避けられないことを認識し、甥のフランツ・ヨーゼフに譲位するよう皇帝を説得した。同年12月2日、フェルディナンドはオーストリア皇帝を退位したが、帝国での地位は留め置かれた。その後、夫と共にプラハへ都落ちし、慈善事業に専念して余生を送った。

マリア・アンナは長命であった夫に劣らず80歳まで長生きし、1884年にプラハで没した。ウィーンのカプツィーナー納骨堂の夫の隣に埋葬された。