マリア・エンリケス・デ・ルナ

スペインの貴族女性

マリア・エンリケス・デ・ルナMaría Enríquez de Luna, 1474年 - 1539年)は、スペインの貴族女性で、結婚により教皇アレクサンデル6世の義理の娘となった。称号はガンディア公爵夫人。

マリア・エンリケス・デ・ルナ
Maria Enriquez of Luna
Blason fam es Enríquez.svg
配偶者 フアン・ボルジアガンディア公爵英語版
全名 María Enríquez de Luna
称号 ガンディア公爵夫人英語版
家名 カスティーリャ王国
父親 エンリケ・エンリケス・デ・キニョーネススペイン語版
母親 マリア・デ・ルナ・イ・アヤラ
出生 1474年
スペイン
死亡 1539年
ガンディア
埋葬 ガンディア
テンプレートを表示
マリア・エンリケスのブロンズ立像、ガンディア市内の教会堂前

生涯編集

アラゴン王妃フアナ・エンリケスの異母弟の1人オルチェ卿エンリケ・エンリケス・デ・キニョーネススペイン語版と、カスティーリャ軍総司令官・トルヒーヨ公爵アルバロ・デ・ルナ英語版の孫娘マリア・デ・ルナ・イ・アヤラの間の末娘。アラゴン王フェルナンド2世の従妹に当たり、1488年王がガンディア公爵に叙した教皇の長子ペドロ・ルイス・ボルジアと婚約するが死別。1493年又は1494年、ガンディア公爵位を継承したペドロ・ルイスの異母弟フアン・ボルジアと結婚する。彼女は賢く信仰心篤く、財政手腕に優れ、夫や子供に献身的に尽くす女性だった。

フアンとの短い結婚生活はガンディアで営まれたが[1]、不貞を重ねるフアンの行状はマリア及びエンリケス家の体面を傷つけた[1]。フアンはイタリア戦争従軍のため滞在していたローマで[2]、1497年6月他殺体で発見された。マリアは義兄チェーザレ・ボルジアを暗殺の黒幕と確信しており[3]、これ以後義兄に敵対的な姿勢を示した。教皇アレクサンデル6世死去後の1504年夏、チェーザレがナポリ滞在中、フェルナンド2世王と妻イサベル女王の命令で逮捕・拘留された際には、イサベル女王の希望で義兄の拘留期間を延長するために、マリアがチェーザレを夫フアン及び義妹ルクレツィアの前夫ビシェーリエ公爵の殺害の罪で告発した[4]

夫の死後はひたすら信仰にのめり込む生活を送り、地元ガンディアのサンタ・マリア参事会教会英語版に義父の教皇と共に多くの聖遺物や祭壇画を贈与した[5]。教会を飾る彫刻や絵画をパオロ・ダ・サン・レオカディオ英語版ダミア・フォルメント英語版に依頼した[5]。1509年、参事会教会に隣接するサンタ・クララ修道院英語版に入ってクララ会修道女となり、修道女ソル・ガブリエラ(sor Gabriela)として余生を送った[6]

子女編集

夫との間に1男1女。

引用・脚注編集

参考文献編集

  • イヴァン・クルーラス(著)・大久保昭男(訳)『ボルジア家』河出書房新社、1989年

以下は日本語訳にあたり直接参照していません。

  • Soler Salcedo, Juan Miguel (2008). Nobleza Española: grandeza inmemorial 1520. Visión Libros. 8498861799.
  • Salazar y Acha, Jaime de (2010). «Una rama subsistente del linade de Borja en la América española». Boletín de la Real Academia Matritense de Heráldica y Genealogía (75): pp. 16–17. OCLC 27332380.