マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ (1762-1770)

マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ(Maria Theresia von Österreich、1762年3月20日 - 1770年1月23日)は、のちの神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世と妃マリア・イザベラ・フォン・ブルボン=パルマの長女である。ヨーゼフ2世の母である女帝マリア・テレジアにとって初孫であった。全名は、マリア・テレジア・エリーザベト・フィリピーネ・ルイーゼ・ヨーゼファ・ヨハンナ(Maria Theresia Elisabeth Philippine Luise Josepha Johanna)。

マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ
Maria Theresia von Österreich
Maria Theresia Daughter of Isabella de Parma.jpg

出生 1762年3月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーンシェーンブルン宮殿
死去 (1770-01-23) 1770年1月23日(7歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーンシェーンブルン宮殿
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーンカプツィーナー納骨堂
家名 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世
母親 マリア・イザベラ・フォン・ブルボン=パルマ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

来歴編集

祖母マリア・テレジアが名付け親になり、自らと同じくマリア・テレジアと名付けた。1歳のときに、母イザベラが妹のマリア・クリスティーナを死産して自身も数日後に死去した。それ以降マリア・テレジアは、イザベラを熱愛していた父ヨーゼフにとって、彼女の忘れ形見であった。マリア・テレジアは7歳上の叔母であるマリア・アントニア(マリー・アントワネット)とよく遊んでいた。

1770年、8歳になる数ヶ月前に、マリア・テレジアは胸膜炎で死去した。父ヨーゼフは深く悲しみ、立ち直れなかった。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集