マリア・デ・ナバラ

マリア・デ・ナバラ(María de Navarra, 1329年 - 1347年4月29日)は、アラゴンペドロ4世の最初の王妃。ナバラ女王フアナ2世(ジャンヌ、フランスルイ10世の娘)とその共同統治者フェリペ3世(フィリップ・デヴルー)の長女。フランス名はマリー・ド・ナヴァール(Marie de Navarre)またはマリー・デヴルー(Marie d'Évreux)。

マリア・デ・ナバラ
María de Navarra
アラゴン王妃
Bassa Llibre hores Maria Navarra foli045 3157.jpg
在位 1338年 - 1347年

出生 1329年
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国
死去 1347年4月29日
Siñal d'Aragón.svg アラゴン連合王国バレンシア
埋葬 Siñal d'Aragón.svg アラゴン連合王国ポブレー修道院
結婚 1338年7月25日
配偶者 アラゴン王ペドロ4世
子女 コンスタンサ
フアナ
マリア
ペドロ
家名 エヴルー家
父親 ナバラ王フェリペ3世
母親 ナバラ女王フアナ2世
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

1338年にペドロ4世と結婚した。ペドロはすでに即位していたが、この年にはまだ17歳であり、マリアは9歳である。5年後の1343年から1347年までにマリアは1男3女を生んだ。

マリアは末子ペドロを生んだ際に18歳で死去した。その後、ペドロ4世は3度再婚した。