マリア・フォン・ホーエンシュタウフェン

マリア・フォン・ホーエンシュタウフェンドイツ語:Maria von Hohenstaufen, 1201年4月3日 - 1235年3月29日)は、後にブラバント公となるアンリ2世の妃。夫が公位を継承する前に死去した。

マリア・フォン・ホーエンシュタウフェン
Maria von Hohenstaufen
Hendrik Maria.jpg
マリアとアンリ2世の結婚

出生 (1201-04-03) 1201年4月3日
Heiliges Römisches Reich - Reichssturmfahne vor 1433.svg イタリアアレッツォ
死去 (1235-03-29) 1235年3月29日(33歳没)
Banner of the Duchy of Brabant.svg ブラバント公領、ルーヴェン
埋葬 Banner of the Duchy of Brabant.svg ブラバント公領、ルーヴェン
配偶者 ブラバント公アンリ2世
子女 一覧参照
家名 ホーエンシュタウフェン家
父親 ローマ王フィリップ
母親 イレーネー・アンゲリナ
テンプレートを表示

生涯編集

マリアはローマ王フィリップイレーネー・アンゲリナの娘としてイタリアアレッツォで生まれた[1]1208年6月21日、父フィリップはオットー8世・フォン・ヴィッテルスバッハに暗殺され、その2ヶ月後には母イレーネーが娘を出産した際に死去し、マリアは7歳で両親を失った。

結婚と子女編集

1215年8月22日より前に、ブラバント公およびロチエ公の継承者アンリ2世と結婚した[2]。2人の間には以下の子女が生まれた。

死去編集

マリアは1235年3月29日ルーヴェンにおいて死去した。その半年後、夫アンリ2世はブラバント公位を継承した。

脚注編集

  1. ^ Baldwin 2014, p. 27.
  2. ^ a b c d e Dunbabin 2011, p. xiv.
  3. ^ Bumke 1991, p. 392.

参考文献編集