メインメニューを開く

マリアは、日本お笑いコンビである。サンミュージックプロダクション所属。

マリア
Maria (Japanese Comedian) 2018-09-14.jpg
左からイーちゃん、ゆみみ (2018年9月)
メンバー イーちゃん
ゆみみ
別名 中谷小雪、ビジンズ
結成年 2009年
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2009年4月 -
現在の活動状況 ライブ中心
芸種 漫才コント
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル(イー☆ちゃん)
エンタの神様(ゆみみ)
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

メンバー編集

略歴編集

2009年4月26日東京都杉並区の杉並区産業商工会館で行われた『お笑い無法地帯』において、「中谷小雪」(イー☆ちゃんが小雪、ゆみみが中谷美紀のそれぞれの物真似でネタを披露するということで付けられたコンビ名)で出演。同年6月からはコンビ名を「マリア」に改名。結成当初はフリーで活動。

2009年7月11日には、マリアと、変ホ長調、ミスアルプス(おーたに、湯川☆セイントセイヤ)の3組出演のプチ単独ライブ『〜Etude〜』(東京・新宿バイタス)を行った[5]

2009年9月頃は、うつのみや八郎が名付け親になった「ビジンズ」というコンビ名でも活動、この時は「うつのみや八郎一番弟子」とも名乗っていた[6]。2009年9月27日には、スーパースターとのユニットライブ『顔面偏差値57』を東京・中野Vスタジオで行った[7]

2009年10月からサンミュージック所属となる。

2009年のM-1グランプリは、「中谷小雪」のコンビ名で出場、2回戦まで進出。

R-1ぐらんぷり2010では、2010年1月14日に2人とも大阪で出場、2人とも2回戦進出。イー☆ちゃんはR-1では初の2回戦進出となった。

2010年1月から、主催トークライブ『マリアの子宮(こみや)』(第1回:2010年1月26日)を行っている[8]

2010年5月19日に、初の単独ライブ『ドロだんご』(東京新宿 Fu-)を行った[9]

イーちゃんが高須克弥(高須クリニック院長)の物真似をしている関係で、高須にマリアのスポンサーになってもらっている[10]

2018年1月漫才協会に入会[11]

芸風編集

コントでは、イーちゃんの朴訥とした口調(時々ネタ中に叫びが入る事もある)と、ゆみみのやや大きい声の口調などを入れた台詞を交えて演じていたこともある。コントのネタには「歌のレッスン」、「バーゲン」(音楽とリアクション中心)、海岸が舞台の設定のもの、「バカ姉妹」(ゆみみが姉役、イーちゃんが妹役)、「フォークデュオ」(『サウンド・オブ・サイレンス』(サイモン&ガーファンクル)をバックに流しながら、思いの丈を二人で叫ぶもの)など。

漫才では、ゆみみがイーちゃんの口調に合わせるような形で演じたこともあり、また、ゆみみがイーちゃんにネタの中でむちゃぶりをすることもある。イーちゃんには『スター・ウォーズ』に出て来そうなある生物の物真似という持ちネタがある。

「中谷小雪」として出演を始めた時は、中谷美紀、小雪になりきるキャラクターで漫才を演じていた。ブリッジとして、「VIERAにリンク」(イーちゃん)「お〜いお茶」(ゆみみ)という台詞を入れている(中谷、小雪がそれぞれ出演しているCMから)。なお、このネタはマリアのネタとして行い、定番ネタの一つともなっている[12]。R-1ぐらんぷり2010では、イーちゃんは一人で小雪に扮してネタを演じていた。ゆみみが柴咲コウの物真似をレパートリーに入れてからは、柴咲の物真似のゆみみと小雪の物真似のイーちゃんのコンビで出演することもある。「中谷&小雪」「柴咲&小雪」の物真似の時は、「たたいて・かぶって・ジャンケンポン」、また「宴会芸」として「マシュマロキャッチ&キャッチ」「ピンポン玉キャッチ&キャッチ」「ヒゲダンス」などを演じるものがある[13]

出演編集

この他メンバーそれぞれの出演については、イー☆リャン#出演経歴ゆみみ (お笑い芸人)#出演の各節を参照。

CM編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ マリアのイーちゃんtwitter 2018年1月2日(2018年4月1日閲覧)
  2. ^ スポーツニッポン イー☆リャン インタビュー(2007年9月閲覧)より。
  3. ^ 小林由実facebook 自己紹介(2018年4月1日閲覧)
  4. ^ 元ヒカリゴケ笑福亭茶光とマリアゆみみが結婚”. お笑いナタリー (2017年9月25日). 2017年9月26日閲覧。
  5. ^ ミスアルプス、マリア、変ホ長調プチ単独~Etude ~あとがたり”. おーたにブログ (2009年7月14日). 2015年1月22日閲覧。
  6. ^ コンビ名、ビジンズに改名しました○”. イーちゃんオフィシャルブログ『大好き日本』 (2009年9月24日). 2015年1月22日閲覧。
  7. ^ 本日、顔面偏差値57○”. イーちゃんオフィシャルブログ『大好き日本』 (2009年9月27日). 2015年1月22日閲覧。
  8. ^ マリアの子宮”. イーちゃんオフィシャルブログ『大好き日本』 (2010年1月18日). 2015年1月22日閲覧。
  9. ^ マリア初単独ライブ「ドロだんご」”. サンミュージック. 2015年1月22日閲覧。
  10. ^ 高須克弥がコント初挑戦&お笑いコンビのスポンサーに!”. 週刊女性PREME (2015年10月23日). 2016年10月6日閲覧。
  11. ^ #外部リンク節掲載の「マリア プロフィール(漫才協会)」参照。
  12. ^ おーいお茶 ビエラにリンク”. イーちゃんオフィシャルブログ『大好き日本』 (2011年8月10日). 2016年12月8日閲覧。
  13. ^ マリアの中谷美紀と小雪ものまね単独ライブ(サンミュージック芸人会「杉並大喜利会」公式)

外部リンク編集