マリウス・シュデク

マリウス・シュデクポーランド語: Mariusz Siudek[1]1972年4月29日 - )は、ポーランド出身の男性フィギュアスケート選手で現在はフィギュアスケートコーチ兼審判員。1999年世界フィギュアスケート選手権銅メダリスト。1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックペアポーランド代表。パートナーは妻でもあるドロタ・シュデク

マリウス・シュデク
Mariusz SIUDEK
Figure skating pictogram.svg
Siudek & Siudek- 2006 Skate America.jpg
2006年スケートアメリカのエキシビションにて
選手情報
生年月日 (1972-04-29) 1972年4月29日(48歳)
出生地 オシフィエンチム
身長 187 cm
パートナー ドロタ・シュデク
元パートナー ベアタ・スジムロスカ
元コーチ リチャード・ゴーチエ
マノン・ペロン
Iwona Mydlarz-chruscinska
E. Augustynski
元振付師 ジュリー・マルコット
ジュリー・ブロー
所属クラブ Unia Dwory SSA Oswiecim
引退 2007年3月
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 177.24 2004 GPNHK杯
ショート 61.84 2004 GPNHK杯
フリー 115.40 2004 GPNHK杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界選手権
1999 ヘルシンキ ペア
欧州選手権
1999 プラハ ペア
2000 ウィーン ペア
2004 ブダペスト ペア
2007 ワルシャワ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

オシフィエンチムに生まれ、6歳のときにスケートを始め、当初シングルスケーターとして活動を開始する。17歳のときよりペアペアスケーターに転向し、ベアタ・スジムロスカらと組み1989年から世界ジュニア選手権に出場、1991-1992年シーズンからはシニアクラスの欧州選手権世界選手権にも出場したが、入賞することもなかった。

1994年、ドロタ・ザゴルスカとペアを結成。1995-1996年シーズンよりISUグランプリシリーズに参戦を果たした。長野オリンピックを控えた1997-1998年シーズンにはオンドレイネペラメモリアルで優勝を果たす。長野オリンピックでは10位に終わったものの、1998年世界選手権では5位入賞を果たした。翌1998-1999年シーズン、ISUグランプリシリーズでは精彩を欠いたものの、1999年欧州選手権で2位、1999年世界選手権では3位となり、ポーランドに世界選手権初のメダルをもたらした。

1999-2000年シーズン、NHK杯ラリック杯でISUグランプリシリーズ初表彰台の3位となり、2000年欧州選手権では2年連続の2位となったが、2000年世界選手権では5位入賞に留まった。これ以後、世界選手権では表彰台から遠ざかることになる。2000年5月13日、パートナーでもあるマリウス・シュデクと結婚。2度目のオリンピックとなった2002年ソルトレイクシティオリンピックでは7位に終わった。

2004年欧州選手権で3位となり、4年ぶりにメダルを獲得。3度目のオリンピックとなった2006年トリノオリンピックでは9位に沈んだ。

パートナーであり妻でもあるドロタは、登録名として結婚後も旧姓のザゴルスカを使用していたが、2006-2007年シーズンでの引退を決意しマリウスの姓であるシュデクで大会に出場。2007年欧州選手権で3年ぶりの3位となり、迎えた2007年世界選手権では、マリウス・シュデク自身のケガによりフリースケーティングを棄権。同シーズン終了後に引退した。引退後は夫婦揃ってコーチに転進、またフィギュアスケート技術審判員としても活動している。

主な戦績編集

大会/年 94-95 95-96 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07
オリンピック 10 7 9
世界選手権 16 13 8 5 3 5 6 6 7 6 7 9 棄権
欧州選手権 9 6 7 4 2 2 棄権 4 4 3 5 3
ポーランド選手権 1 1 1
GPファイナル 4 5
GPスケートアメリカ 2
GP中国杯 4 3 5
GPロシア杯 6 4 4 3 4 4 棄権 3 4
GPスケートカナダ 4 棄権 4 3 3
GP NHK杯 7 3 3 2 3 3
GPボフロスト杯 6 4 3
GPエリック杯 8 3 5 棄権
ネペラ記念 1 1
スケートイスラエル 6 1
ネーベルホルン杯 4 4

詳細編集

2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 9
57.23
- 棄権
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 3
57.81
3
113.10
3
170.91
2006年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
57.98
4
105.15
4
163.13
2006年11月9日-12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯南京 5
50.74
5
100.91
5
151.65
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 4
50.34
1
111.13
2
161.47


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 9
55.05
9
105.74
9
160.79
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 9
56.10
8
109.85
9
165.95
2006年1月17日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン 5
49.53
5
104.14
5
153.67
2005年11月24日-27日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯サンクトペテルブルク 3
57.24
3
104.50
3
161.74
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
56.06
3
106.42
3
162.48


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 7
60.02
7
107.66
7
167.68
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
52.08
- 棄権
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 3
61.84
2
115.4
3
177.24
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファックス 5
55.96
2
114.98
3
170.94


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 5 6 6
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 3 3 3
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 2
57.68
3
106.36
3
164.04
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
56.44
4
102.15
4
158.59
2003年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 4
61.54
3
110.21
3
171.75


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 5 7 7
2003年1月20日-26日 2003年ヨーロッパフィギュアスケート選手権マルメ 5 4 4
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 2 2 2
2002年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6 4 4
2002年10月8日-10日 ISUグランプリシリーズ ボフロスト杯ゲルゼンキルヒェン 4 3 3

脚注編集

  1. ^ ポーランド語ラテン翻字: Mariusz Siudek

外部リンク編集