マリオン・レノー

マリオン・レノーMarion Reneau1977年6月20日 - )は、アメリカ合衆国女性総合格闘家カリフォルニア州トゥーレアリ英語版出身。エリートチーム所属。マリオン・ルノーとも表記される。

マリオン・レノー
基本情報
本名 マリオン・レノー
(Marion Reneau)
通称 ベリージアン・ブルーザー
(The Belizean Bruiser)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1977-06-20) 1977年6月20日(44歳)
出身地 カリフォルニア州トゥーレアリ
所属 エリートチーム
身長 168cm
体重 61kg
リーチ 173cm
階級 バンタム級
バックボーン ブラジリアン柔術
ボクシング
ムエタイ
テンプレートを表示

来歴編集

息子の学資金を稼ぐために総合格闘家を志し、2010年に33歳でプロデビュー[1]

米国内のローカル団体で実績を挙げ、2013年にはリアリティ番組The Ultimate Fighter』のシーズン18にエントリーしようとしたが、36歳という年齢がネックとなり、UFCに参加を断られた[2]。しかし、レノーはその後も連勝を続け、放送の数ヶ月後にはUFCから契約オファーが届いた[2]

UFC編集

2015年1月3日、UFC初参戦となったUFC 182でアレクシス・デュフレーンと対戦。デュフレーンがバンタム級の規定体重を3ポンド(約1.4kg)オーバーしたため、138ポンドのキャッチウェイトで試合が行われたが、レノーはデュフレーンを一方的に攻め立て、大差の判定勝ちを収めた[3]。試合後、UFC代表のダナ・ホワイトは、レノーのパフォーマンスを称賛した上で「私は公式に謝罪する必要がある。彼女がTUFへの参加を希望した時、『君は年を取り過ぎている』と言って断ったのは間違いだった」とコメントした[4]

2015年2月22日、UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mirでバンタム級ランキング10位のジェシカ・アンドラージと対戦し、1Rに三角絞めで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年7月15日、UFC Fight Night: Mir vs. Duffeeでバンタム級ランキング10位のホリー・ホルムと対戦。キックを多用し距離を取り続けるホルムの戦法に苦しみ、0-3の判定負け[5]。UFC初黒星を喫した。

2016年2月21日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Cowboyでアシュリー・エヴァンス=スミスと対戦し、1-2のスプリット判定で2連敗を喫した。

2017年3月11日、UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelumでバンタム級ランキング9位のベチ・コヘイアと対戦。1、2Rは劣勢を強いられたが、3Rにコヘイアをフィニッシュ寸前まで追い込み、1-0のドロー判定となった[6]

2018年2月24日、UFC on FOX 28でバンタム級ランキング7位のサラ・マクマンと対戦し、2Rに三角絞めで一本勝ち。

2018年7月14日、UFC Fight Night: dos Santos vs. Ivanovでバンタム級ランキング6位のキャット・ジンガノと対戦。ジンガノのレスリング力に対応できず、0-3の判定負け。

2019年3月9日、UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santosでバンタム級ランキング9位のヤナ・クニツカヤと対戦し、0-3の判定負け。

2020年6月20日、UFC on ESPN: Blaydes vs. Volkovで女子バンタム級ランキング6位のラケル・ペニントンと対戦し、判定負け。

2021年7月17日、UFC on ESPN: Makhachev vs. Moisésミーシャ・テイトと対戦し、パウンドで3RTKO負け。試合後に引退を表明した。

人物・エピソード編集

戦績編集

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 5 3 1 0 1 0
8 1 0 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ミーシャ・テイト 3R 1:53 TKO(パウンド) UFC on ESPN 26: Makhachev vs. Moisés 2021年7月17日
× メイシー・チアソン 5分3R終了 判定0-3 UFC on ESPN 21: Brunson vs. Holland 2021年3月20日
× ラケル・ペニントン 5分3R終了 判定0-3 UFC on ESPN 11: Blaydes vs. Volkov 2020年6月20日
× ヤナ・クニツカヤ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santos 2019年3月9日
× キャット・ジンガノ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: dos Santos vs. Ivanov 2018年7月14日
サラ・マクマン 2R 3:40 三角絞め UFC on FOX 28: Emmett vs. Stephens 2018年2月24日
タリタ・ベルナルド 3R 4:54 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Volkov vs. Struve 2017年9月2日
ベチ・コヘイア 5分3R終了 判定1-0 UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelum 2017年3月11日
ミラナ・ドゥディエバ 3R 3:03 TKO(グラウンドの肘打ち) UFC Fight Night: Mousasi vs. Hall 2 2016年11月19日
× アシュリー・エヴァンス=スミス 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Cowboy vs. Cowboy 2016年2月21日
× ホリー・ホルム 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Mir vs. Duffee 2015年7月15日
ジェシカ・アンドラージ 1R 1:54 三角絞め UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir 2015年2月22日
アレクシス・デュフレーン 5分3R終了 判定3-0 UFC 182: Jones vs. Cormier 2015年1月3日
モーリン・リオルダン 1R 4:15 腕ひしぎ十字固め RFA 16: Copeland vs. Jorgensen 2014年7月25日
レスリー・ロドリゲス 1R 1:24 TKO(パンチ連打) TPF 17: Fall Brawl 2013年11月14日
リディア・レジェス 1R 0:10 KO(パンチ) TWC 15: Halloween Havoc 2 2012年10月26日
× ジュリア・アヴィラ 3分3R終了 判定0-3 TWC 13: Impact 2012年1月27日
シャンテル・カステヤノス 3R 1:38 TKO(パンチ連打) TWC 7: Violence 2010年3月7日

表彰編集

脚注編集

  1. ^ UFC 選手データ”. UFC. 2018年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c Nicholas King (2018年5月31日). “Marion Reneau - UFC fighter and Farmersville high teacher”. KMPH. 2018年6月27日閲覧。(英語)
  3. ^ 【UFC182】まるで残酷ショー。ルノーがデュフレーンに圧勝”. MMAPLANET (2015年1月4日). 2018年6月27日閲覧。
  4. ^ Dana White apologizes to UFC 182 winner Marion Reneau after ‘TUF’ snub”. MMAjunkie (2015年1月5日). 2018年6月27日閲覧。(英語)
  5. ^ 【UFN71】期待度薄まる──徹底したリスク管理ファイトでホルム完勝”. MMAPLANET (2015年7月16日). 2018年6月27日閲覧。
  6. ^ 【UFN106】序盤の2Rを失ったルノーが、3Rをビッグラウンドにしドローに持ち込む”. MMAPLANET (2017年3月12日). 2018年6月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集