メインメニューを開く

マリオ・ハース

オーストリアのサッカー選手

マリオ・ハース(Mario Haas、1974年9月16日-)は、オーストリアグラーツ出身の元サッカー選手。ポジションはFWオーストリア代表として1998 FIFAワールドカップに出場した経験を持つ。

マリオ・ハース Football pictogram.svg
Mario Haas - SK Sturm Graz.jpg
2009年のハース
名前
ラテン文字 Mario HAAS
基本情報
国籍  オーストリア
生年月日 (1974-09-16) 1974年9月16日(45歳)
出身地 グラーツ
身長 182cm
体重 82kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1999 オーストリアの旗 シュトゥルム・グラーツ 185 (66)
1999-2000 フランスの旗 ストラスブール 27 (3)
2001-2004 オーストリアの旗 シュトゥルム・グラーツ 114 (39)
2005-2006 日本の旗 ジェフユナイテッド市原・千葉 48 (11)
2007-2012 オーストリアの旗 シュトゥルム・グラーツ 158 (42)
代表歴
1996-2007 オーストリアの旗 オーストリア 43 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

1993年オーストリア・ブンデスリーガに属すSKシュトゥルム・グラーツに入団。その後、グラーツの監督に就任したイヴィツァ・オシムの指揮の下、イヴィツァ・ヴァスティッチ(後に名古屋グランパスでプレー)と共にゴールを量産し、グラーツの黄金時代を築くメンバーの1人となった(一時期、フランスRCストラスブールにも所属)。

UEFAチャンピオンズリーグ本大会、UEFAカップ本大会、1998年FIFAワールドカップ・フランス大会等への出場を果たしたハースは、恩師であるオシム監督に誘われ2005年からはJリーグジェフユナイテッド市原・千葉でプレー。

2006年ナビスコカップ決勝で負った靭帯負傷(前十字靭帯損傷)の治療のため、11月14日にオーストリアに帰国。結果的にそのままジェフユナイテッド市原・千葉を退団となった[1]。 その後、2007年に古巣のSKシュトゥルム・グラーツに復帰。

2012年12月1日の試合をもって、現役を引退した。

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オーストリア リーグ戦 リーグ杯オーストリア杯 期間通算
1993-94 グラーツ ブンデスリーガ 28 5
1994-95 34 13
1995-96 35 12
1996-97 14 1
1997-98 36 17
1998-99 32 17
フランス リーグ戦 F・リーグ杯フランス杯 期間通算
1999-00 ストラスブール ディヴィジョン・アン 16 1
2000-01 11 2
オーストリア リーグ戦 リーグ杯オーストリア杯 期間通算
2000-01 グラーツ ブンデスリーガ 14 4
2001-02 30 12
2002-03 20 6
2003-04 34 10
2004-05 16 7
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 千葉 10 J1 25 6 4 0 2 1 31 7
2006 23 5 8 5 0 0 31 10
オーストリア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2006-07 グラーツ ブンデスリーガ 15 4
2007-08 35 14
2008-09 11 35 15
2009-10 17 1
2010-11 23 5
2011-12 24 2
2012-13 1 0
通算 オーストリア
フランス ディヴィジョン・アン 27 3
日本 J1 48 11 12 5 2 1 62 17
総通算

その他の国際公式戦

備考編集

脚注編集

外部リンク編集