メインメニューを開く

マリオ・ピラティ

Mario Pilati

マリオ・ピラティMario Pilati1903年6月2日 - 1938年12月10日)は、イタリア作曲家

略歴編集

ナポリ出身。幼時より音楽の才能を示し、15歳で地元の音楽院に入り、アントニオ・サヴァスタに師事。1925年よりミラノに住み、1930年にナポリに戻った。その後パレルモに行き、またナポリに戻った。そこで彼は第二次世界大戦の直前に死去した。彼の作品は死後もしばらくの間は知られていたが、やがて忘れ去られて行った。1950年代に入り、長く失われていた「フルートとピアノのためのソナタ」が発見され、再評価されるようになった。今日有名な作品は、ナポリ方言で書かれたオペラ「ピエディグロッタ」である。

作品編集

  • ピアノと弦楽のための組曲
  • 管弦楽のための3つの小品
  • 管弦楽のための協奏曲ハ長調

外部リンク編集