マリーア・デステ

マリーア・デステMaria d'Este, 1644年12月8日 - 1684年8月20日)は、パルマ公ラヌッチョ2世・ファルネーゼの3番目の妻。

マリーア・デステ
Maria d'Este
パルマ公
Maria d Este.jpg
在位 1668年 - 1684年

出生 (1644-12-08) 1644年12月8日
Ducado de Modena (antes de 1830).svg モデナ=レッジョ公国モデナ
死去 (1684-08-20) 1684年8月20日(39歳没)
Flag of the Duchy of Parma.svg パルマ公国パルマ
埋葬 Flag of the Duchy of Parma.svg パルマ公国パルマ、サンタ・マリア・デッラ・ステッカータ教会
結婚 1668年1月16日
配偶者 パルマ公ラヌッチョ2世
子女 フランチェスコ・ファルネーゼ
アントニオ・ファルネーゼ
家名 エステ家
父親 モデナ公フランチェスコ1世・デステ
母親 マリーア・ファルネーゼ
テンプレートを表示

生涯編集

モデナ・レッジョ公フランチェスコ1世・デステとパルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ1世・ファルネーゼの娘マリーア・ファルネーゼとの間に生まれた娘で、ラヌッチョ2世の2番目の妻イザベッラ・デステの妹である。

1666年にイザベッラと死別したラヌッチョ2世はその後、別の従姉妹と結婚することに決めた。1667年の10月16日から23日の間に結婚の話がまとまり、1668年の1月16日に結婚式を行った。

2人は多くの子供をもうけたが、この時代の死亡率は高く、以下の2人だけが成人した。

マリーアは1684年8月20日にパルマで死去した。