マリーナ・マンダリン・シンガポール

Marina Mandarin Hotel, Dec 05.JPG
Marina Mandarin Singapore, panorama, Aug 06.jpg
Marina Mandarin Singapore, panorama 2, Aug 06.jpg

マリーナ・マンダリン・シンガポール(Marina Mandarin Singapore)は1987年に開業したシンガポールの最高級ホテルである。運営はシンガポールのメリタス・ホテルズ&リゾーツである。ホテル名は似ているが、マンダリン・オリエンタルホテルグループバンコクマンダリン・ホテルとはいずれも無関係である。シンガポールのホテルで唯一リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟している。

特徴編集

天井まで吹き抜けのロビーが高級な開放感を与えるホテル。マリーナ湾に面した場所にある。

2000年に改装が終了した客室はアメリカデザイナーのクリフ・タトルがデザインした。広さは、一番下のグレードであるデラックスで約32平方メートルである。

マリーナ湾に面したホテルは同ホテルを含めて3軒あり(他の2軒はマンダリン・オリエンタル・シンガポールザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール)、唯一全室にバルコニーが付いている。

575室。

設備編集

  • リストランテ ボローニャ(Ristorante Bologna) イタリア料理
  • 鴻桃軒(Peach Blossoms) 広東料理
  • アトリウム ラウンジ(Atrium Lounge & Senses Patisserie) カフェ
  • アクアマリン(AquaMarine) シーフード
  • スパ
  • プール 屋外に1か所

など

外部リンク編集