マリー・エリーザベト・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプ

マリー・エリーザベト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ(ドイツ語:Marie Elisabeth von Schleswig-Holstein-Gottorf, 1634年6月6日 - 1665年6月17日)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世の妃。

マリー・エリーザベト・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプ
Marie Elisabeth von Holstein-Gottorf
Maria Elisabeth von Schleswig-Holstein-Gottorf, Landgräfin von Hessen-Darmstadt (1634-1665).jpg

出生 (1634-06-06) 1634年6月6日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Schleswig.svg シュレースヴィヒ公国、ゴットルプ城
死去 (1665-06-17) 1665年6月17日(31歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ヘッセン=ダルムシュタット方伯領ダルムシュタット
配偶者 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世
子女 一覧参照
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ家
父親 ホルシュタイン=ゴットルプフレゼリク3世
母親 マリー・エリーザベト・フォン・ザクセン
テンプレートを表示

生涯編集

マリー・エリーザベトはシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプフレゼリク3世と、ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世の娘マリー・エリーザベトの間の娘である。

マリー・エリーザベトは、1649年の誕生日にルートヴィヒ6世と婚約し、翌1650年11月24日にゴットルプ城において結婚した。この結婚式の際に、ヘッセンで最後の剣舞ロラーの祭りで行われた。

ルートヴィヒ6世の父ゲオルク2世は、ルートヴィヒ6世を結婚の翌年の[[[1651年]]より国政に参画させ、1661年にルートヴィヒ6世は方伯位を継承した。マリー・エリーザベトの妹スウェーデン王妃ヘートヴィヒ・エレオノーラを通して、ルートヴィヒ6世はスウェーデンと広範な政治的連携を築いた。マリー・エリーザベトは1665年に出産時に死去し、ルートヴィヒ6世は深く喪に服した。ルートヴィヒ6世は亡き妻を偲んで多くの詩を書いた。

子女編集

マリー・エリーザベトは以下の8人の子女を生んだ。

参考文献編集