マリー・エレオノーレ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク

マリー・エレオノーレ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク(ドイツ語:Marie Eleonore von Jülich-Kleve-Berg, 1550年6月16日 - 1608年6月1日)は、プロイセン公アルブレヒト・フリードリヒの妃で、ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヴィルヘルム5世マリア・フォン・エスターライヒの長女。マリー・エレオノーレはイギリス女王ヴィクトリアの先祖の一人である。

マリー・エレオノーレ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク
Marie Eleonore von Jülich-Kleve-Berg
Marie Eleonore von Jülich-Kleve-Berg (1550-1608), Herzogin von Preußen c.1600.jpg

出生 (1550-06-16) 1550年6月16日
神聖ローマ帝国の旗 ドイツ国民の神聖ローマ帝国
Gulik-Kleef-Berg wapen.svg ユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国クレーフェ
死去 (1608-06-01) 1608年6月1日(57歳没)
Flag of Ducal Prussia.svg プロイセン公国ケーニヒスベルク
配偶者 プロイセン公アルブレヒト・フリードリヒ
子女 一覧参照
家名 マルク家
父親 ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヴィルヘルム5世
母親 マリア・フォン・エスターライヒ
テンプレートを表示
マリー・エレオノーレと母マリア

生涯編集

マリー・エレオノーレの母方の祖父母は神聖ローマ皇帝フェルディナント1世アンナ・ヤギエロヨハン・ヴィルヘルムの姉である。

父ヴィルヘルム5世はカトリックであったが、マリー・エレオノーレは若い頃よりルター派に共感していた。父ヴィルヘルム5世はマリー・エレオノーレが妹たちに宗教面で影響を与えるのではないかと危惧し、マリー・エレオノーレを領地から去らせるためできるだけ早く同じ宗教的信念を持つ人物と結婚することを望み、そのために結婚相手を探すこととした[1]。そして、プロイセン公アルブレヒトの息子アルブレヒト・フリードリヒ精神障害があったにも関わらず選ばれた[1]。結婚式は1573年にとりおこなわれ、マリー・エレオノーレはルター派のプロイセン公国に向かった。

1577年、精神障害を患っていた夫アルブレヒト・フリードリヒに対し、従兄弟ゲオルク・フリードリヒが摂政となり、ケーニヒスベルク宮廷におけるマリー・エレオノーレの立場がより厳しいものとなった[1]1591年、マリー・エレオノーレは娘たちと共にユーリヒに帰国し、良く1592年までとどまった。マリー・エレオノーレは、摂政議会が娘たちをポーランド諸侯と結婚させることを防ぐため、娘たちをドイツ諸侯と結婚するようはからった。そしてこれらの結婚で結ばれた同盟により、弟ヨハン・ヴィルヘルムの死後にユーリヒ公国ブランデンブルク選帝侯家に渡ることを確実なものとした[1]

子女編集

脚注編集

  1. ^ a b c d R. Scheller, Die Frau am preuß. Herzogshof (1550–1625), 1966 (L, P); Land im Mittelpunkt d. Mächte, Die Herzogtümer Jülich-Kleve-Berg, 1984 (zugleich Ausst.kat. Kleve 1984, Düsseldorf 1985, dort bes. H. Preuß, Pol. Heiraten in Jülich-Kleve-Berg, S. 133-46, P).