マリー・ド・ブルゴーニュ (1386-1422)

マリー・ド・ブルゴーニュMarie de Bourgogne, 1386年9月 - 1422年10月2日)は、ブルゴーニュフィリップ・ル・アルディとその妻のフランドル女伯マルグリット3世の間の四女。サヴォイアアメデーオ8世に嫁した。

マリー・ド・ブルゴーニュ
Marie de Bourgogne
サヴォイア公
Mary of Burgundy, Duchess of Savoy.png
在位 1416年 - 1422年

出生 1386年9月
Ancient Flag of Burgundy.svg ブルゴーニュ公国ディジョン
死去 (1422-10-02) 1422年10月2日(36歳没)
Flag of Savoie.svg サヴォイア公国トノン=レ=バン
埋葬 Flag of Savoie.svg サヴォイア公国オートコンブ修道院英語版
結婚 1401年10月27日 アラス
配偶者 サヴォイア公アメデーオ8世
子女 一覧参照
家名 ヴァロワ=ブルゴーニュ家
父親 ブルゴーニュフィリップ2世
母親 フランドル女伯マルグリット3世
テンプレートを表示

生涯編集

ブルゴーニュ公爵夫妻の第8子、四女として生まれた。長兄ジャン・サン・プールはブルゴーニュ公、次兄アントワーヌブラバント公、弟フィリップはヌヴェール伯およびルテル伯である。長姉マルグリット下バイエルン=シュトラウビング公エノー伯ホラント伯ゼーラント伯ヴィルヘルム2世の妻、次姉カトリーヌはオーストリア公レオポルト4世の妻である。

1401年10月27日アラスにおいて父方の従姉ボンヌ・ド・ベリーサヴォイア伯アメデーオ7世の間の長男であるサヴォイア伯アメデーオ8世と結婚した。1416年、夫が神聖ローマ皇帝ジギスムントによって帝国伯から公爵に昇格を許され、1418年にはピエモンテ公の称号も与えられた。そのためマリーも公爵夫人を名乗ることになった。1422年に死去し、オートコンブ修道院英語版に葬られた。

子女編集

夫との間に少なくとも9人の子女をもうけている。