マリー・フォルテュネ・デスト=モデーヌ

マリー・フォルテュネ・デスト=モデーヌMarie Fortunée d'Este-Modène, 1731年11月24日 - 1803年9月21日)は、モデナ公女でコンティ公ルイ・フランソワ2世の妻。イタリア語マリーア・フォルトゥナータ・デステMaria Fortunata d'Este)。

マリーア・フォルトゥナータ・デステ
Maria Fortunata d'Este
コンティ公妃
Haudebourt-Lescot - Posthumous portrait of Maria Fortunata d'Este.jpg

出生 (1731-11-24) 1731年11月24日
Ducado de Modena (antes de 1830).svg モデナ=レッジョ公国
死去 (1803-09-21) 1803年9月21日(71歳没)
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ヴェネツィア、訪問会派修道院
埋葬 オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ヴェネツィア、訪問会派修道院
配偶者 コンティ公ルイ・フランソワ2世
家名 エステ家
父親 モデナ公フランチェスコ3世
母親 カルロッタ・アグラエ・ドルレアンス
テンプレートを表示

生涯編集

モデナ公フランチェスコ3世と妃カルロッタの四女として生まれた。敬虔で誠実な人柄に育ったが、容姿が美しいとは言えなかった。

1759年にミラノで、当時ラ・マルシュ伯だった母方の従弟ルイ・フランソワと政略結婚した。モデナ公は娘のために100万リーヴルもの持参金をつけた。同年5月、マリーは国王夫妻に謁見した。

マリーとルイ・フランソワが仲違いするのに時間はかからなかった。それというのも、ラ・マルシュ伯が愛人マリー・アンヌ・ヴェロネーゼ(マドモワゼル・コラリーヌの芸名でイタリア座の舞台に立っていた)との間に1761年に庶子をもうけたことを、妻に開き直って強引に存在を認めさせたからである。彼は1767年に、マリー・アンヌとの間の第2子をもうけた。このことが子供を産めないマリーとの夫婦生活に致命的な出来事となった。2人は1775年の終わりに合意の上別居し、1777年6月に正式に離婚した。

1802年、マリーはハプスブルク家オーストリア=エステ大公フェルディナント(マリーの姪にあたるマリーア・ベアトリーチェを妻としていた)に、ヴェネツィアの訪問会派修道院に入るつもりであることを告げた。彼女は同年10月19日に、同時に入門した3人の元売春婦らとともに修道院に落ち着いて暮らし始めた。1803年の8月から1ヶ月あまり肋膜炎にさいなまれた後、9月21日に亡くなり、修道院の礼拝堂内に埋葬された。