マリー・ルイーズ・エリザベート・ドルレアン

マリー・ルイーズ・エリザベート・ドルレアンMarie Louise Elisabeth d'Orléans, duchesse de Berry, 1695年8月20日 - 1719年7月20日)は、フランス王族であるベリー公シャルルの妃。

マリー・ルイーズ・エリザベート・ドルレアン
Marie Louise Elisabeth d'Orléans
Françoise Marie de Bourbon by Pierre Gobert.jpg

称号 ベリー公
出生 (1695-08-20) 1695年8月20日
フランス王国ヴェルサイユ
死去 (1719-07-20) 1719年7月20日(23歳没)
フランス王国パリラ・ミュエット城 (fr)
埋葬 フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者 ベリー公シャルル
家名 オルレアン家
父親 オルレアン公フィリップ2世
母親 フランソワーズ・マリー・ド・ブルボン
テンプレートを表示

生涯編集

後年、幼君ルイ15世摂政に就くオルレアン公フィリップ2世と妃フランソワーズ・マリー・ド・ブルボンの長女として、ヴェルサイユで生まれた。

1710年7月、従兄であるベリー公シャルルと結婚した。しかし、最初の妊娠が流産となって二度と子供が産めなくなり、夫と不仲になってしまった。1714年、夫ベリー公は死去した。

マリー・ルイーズは父から与えられたラ・ミュエット宮殿(ラ・ミュエット城ないし宮殿、Château de la Muette, 現在のパリ16区)を居宅にし、また幾度も饗宴を開き、招待客のなかには初代ロシア皇帝ピョートル1世もいた。こうした経緯のなか、同城は未亡人らの"秘密の産院"にも提供されていた。しかし時を経ずして1719年、同ラ・ミュエットで亡くなった。

ギャラリー編集