マルガレータ・フレドクッラ

マルガレータ・フレドクッラ(スウェーデン語:Margareta Fredkulla, 1080年代 - 1130年11月4日)は、スウェーデン王女でノルウェー王マグヌス3世の王妃、およびデンマーク王ニルスの王妃。また、マルガレータは事実上のデンマーク摂政もつとめた。ノルウェー語およびデンマーク語ではマルグレーテ(Margrete)、古ノルド語ではマルグレート(Margret)[1]。フレドクッラ(Fredkulla)とは「平和の少女」の意。

マルガレータ・フレドクッラ
Margareta Fredkulla
ノルウェー王妃
デンマーク王妃
Church wall painting of Margaret Fredkulla in Vä kyrka.jpg
マルガレータ・フレドクッラ(スコーネヴェー教会英語版にある同時代の壁画)
在位 ノルウェー王妃:1101年 - 1103年
デンマーク王妃:1105年 - 1130年

出生 1080年代
死去 1130年11月4日
結婚 1101年
1105年
配偶者 ノルウェー王マグヌス3世
  デンマーク王ニルス
子女 インゲ・ニルスン
マグヌス1世
家名 ステンキル家
父親 スウェーデン王インゲ1世
母親 ヘレナ
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示
北欧の三王の会議を描いたタペストリー。ここでマルガレータとノルウェー王の婚約が決められた。

生涯編集

マルガレータはスウェーデン王インゲ1世とヘレナとの娘である。生年月日および生地は不明である[2]

ノルウェー王妃編集

1101年、マルガレータはノルウェー王マグヌス3世と結婚した。この結婚はスウェーデンとノルウェーの平和条約の一環として決められた。このためマルガレータはフレドクッラ(平和の少女)とよばれた。マルガレータはスウェーデンの広大な領地、おそらくヴェステルイェートランドを持参金としてもたらした。1103年、夫マグヌス3世が死去し、すぐにマルガレータはノルウェーを去った。この結婚で子供はいなかった。マルガレータがノルウェーを去ったことは、彼女がノルウェーに残ることを期待していたノルウェー人にとって侮辱と感じ、マルガレータは聖オーラヴの聖遺物を盗んだとして非難された。

デンマーク王妃編集

1105年、マルガレータはデンマーク王ニルスと再婚した。ニルスは1104年にデンマーク王となっていたが、統治能力に欠け、国の決定事項をマルガレータに任せきりの王であったといわれている。ニルスの承認を得て、マルガレータはデンマークを統治した[3]。マルガレータは賢明な統治者であったといわれており、デンマークと祖国スウェーデンの間の関係は、マルガレータが王妃であった間は非常に平和であった。「国の統治は寛大な王妃マルガレータに大いに委ねられており、外国人はデンマークの統治は女性の手の中にあると述べていた。」といわれていた[4]。マルガレータは自身の硬貨を鋳造したが、これは同時代の王妃では唯一の例である。この時期に鋳造された硬貨には「Margareta-Nicalas(マルグレーテ=ニルス)」という銘が刻まれていた[5][6]

マルガレータの父インゲ1世は1110年に死去し、スウェーデン王位はインゲ1世の甥らが継承した。マルガレータの姉クリスティーナノヴゴロドに住んでおり、父の遺産の相続人となるにはあまりに遠くにいたため、マルガレータと妹カタリーナが遺産の相続人となった[7]。マルガレータはその遺産をノルウェーの姪イングリッド(兄ラグンヴァルドの娘、ノルウェー王ハーラル4世の妃)とデンマークの姪インゲボルガ(姉クリスティーナの娘、デンマーク王子クヌーズ・レーヴァートの妃)にそれぞれ4分の1ずつ分け与えたことが知られている[8]

1114年、マルガレータはカーンの教会への寄付の礼としてエタンプのテオバルド(en)から手紙を受け取っている[9]

編集

マルガレータは1130年に死去し、その後ニルスはスウェーデン王インゲ2世の王妃であったウルヴヒル・ホーコンスダッタと再婚した。スウェーデンにおけるマルガレータの遺領は、後に息子マグヌスがスウェーデン王位を要求するときの拠点となった。マルガレータの従兄弟インゲ2世が死去した際、マグヌスはインゲ1世の最年長の孫としてスウェーデン王位を要求し、マグヌス1世として王位についた。

子女編集

デンマーク王ニルスとの間に2男がいる。

  • インゲ・ニルスン - 幼少時に早世
  • マグヌス1世(1106年頃 - 1134年) - スウェーデン王(1125年 - 1130年)

脚注編集

  1. ^ Margrete Ingesdatter “Fredkolla” (Store norske leksikon)
  2. ^ Margrete Fredkulla (Dansk Kvindehistorie)
  3. ^ Margrete Fredkulla (Dansk Kvindehistorie)
  4. ^ Margrete Fredkulla (Dansk Kvindehistorie)
  5. ^ Margrete Fredkulla (Dansk Kvindehistorie)
  6. ^ Margareta Fredkulla (Ingesdotter) Archived 2007-11-10 at the Wayback Machine.
  7. ^ Kungagravar och medeltidshistoria, Beckman, Natanael, Fornvännen 22-47, 1921
  8. ^ Kungagravar och medeltidshistoria, Beckman, Natanael, Fornvännen 22-47, 1921
  9. ^ Bernard Gineste, "Thibaud d'Étampes", in Cahiers d'Étampes-Histoire 10 (2009), pp. 43–58には、この手紙がすでに死去していたマーガレット・オブ・スコットランドにではなく、マルガレータに送られたと述べられている。

参考文献編集

  • Harrison, Dick Gud vill det – Nordiska korsfarare under medeltiden (2005)
  • Nanna Damsholt Kvindebilledet i dansk højmiddelalder (1985)