マルガレーテ・クレメンティーネ・フォン・エスターライヒ

マルガレーテ・クレメンティーネ・マリア・フォン・エスターライヒMargarethe Klementine Maria von Österreich, 1870年7月6日 - 1955年5月2日)は、オーストリア=ハンガリー帝国の帝室の一員。トゥルン・ウント・タクシス侯アルベルトに嫁いだ。

マルガレーテ・クレメンティーネ
Margarethe Klementine
ハプスブルク=ロートリンゲン家
Margarete of Thurn und Taxis.jpg
トゥルン・ウント・タクシス侯爵夫人マルガレーテ・クレメンティーネ(1895年)

出生 (1870-07-06) 1870年7月6日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国、アルチュートドボズ
死去 (1955-05-02) 1955年5月2日(84歳没)
西ドイツの旗 西ドイツレーゲンスブルク
埋葬 西ドイツの旗 西ドイツ、レーゲンスブルク、聖エメラム修道院
配偶者 アルベルト・フォン・トゥルン・ウント・タクシス
子女 一覧参照
父親 ヨーゼフ・カール・フォン・エスターライヒ
母親 クロティルデ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ
テンプレートを表示

生涯編集

 
マルガレーテ・クレメンティーネとアルベルト(1890年)

ハプスブルク=ロートリンゲン家のうちハンガリー副王家出身のヨーゼフ・カール・ルートヴィヒ大公と、その妻でザクセン=コーブルク=ゴータ家の分家コハーリ侯爵家の公女クロティルデの間の次女として生まれた。

1890年7月15日にブダペストにおいて、オーストリア皇后エリーザベトの甥にあたるトゥルン・ウント・タクシス侯爵家の当主アルベルトと結婚した。1950年にはトゥルン・ウント・タクシス家の本拠であるレーゲンスブルクの名誉市民となった。

1955年、レーゲンスブルクで亡くなった。

子女編集

夫アルベルトとの間に8人の子女をもうけた。