マルガレーテ・フォン・ザクセン (1469-1528)

マルガレーテ・フォン・ザクセン(ドイツ語:Margarete von Sachsen, 1469年8月4日 - 1528年12月7日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクハインリヒ1世の妃。

マルガレーテ・フォン・ザクセン
Margarete von Sachsen
MargareteSachsenLüneburg.JPG

出生 (1469-08-04) 1469年8月4日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領マイセン
死去 (1528-12-07) 1528年12月7日(59歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領ヴァイマル
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領ヴァイマル、聖ペーター・ウント・パウル教会
配偶者 ブラウンシュヴァイク=リューネブルクハインリヒ1世
子女 一覧参照
家名 ヴェッティン家エルンスト系
父親 ザクセン選帝侯エルンスト
母親 エリーザベト・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

生涯編集

マルガレーテはザクセン選帝侯エルンストと、バイエルン・ミュンヘン公アルブレヒト3世の娘エリーザベトの間の娘である。兄フリードリヒ3世およびヨハンはザクセン選帝侯となり、姉クリスティーナデンマーク王ハンスの妃となった。

マルガレーテは1487年2月27日ツェレブラウンシュヴァイク=リューネブルクハインリヒ1世と結婚した。ハインリヒ1世はすでに12歳のころからザクセン宮廷で過ごしていた。結婚に向けての話し合いはおそらく1469年に始まり、ハインリヒ1世の父オットー5世はマルガレーテの大叔父ヴィルヘルム3世と同盟を結んだ。ザクセン側はツェレ城の拡張工事が完了するまで結婚を遅らせ、ツェレとツェレ城はマルガレーテの寡婦産(Wittum[1]とされた。

マルガレーテは1528年に死去し、ヴァイマルの聖ペーター・ウント・パウル教会に埋葬された。

子女編集

  • アンナ(1492年 - ?)
  • エリザベス(1494年 - 1572年) - ゲルデルン公カレルと結婚
  • オットー(1495年 - 1549年) - ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公
  • エルンスト1世(1497年 - 1546年) - ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公
  • アポロニア(1499年 - 1571年) - 修道女
  • アンナ(1502年 - 1568年) - ポンメルン公バルニム9世と結婚
  • フランツ(1508年 - 1549年) - ブラウンシュヴァイク=ギフホルン公

脚注編集

  1. ^ 寡婦産の訳は、田口正樹、「中世後期ドイツの国王宮廷における非訟事件」北大法学論集66 (5), 2016.による。

参考文献編集

  • Martina Schattkowsky: Witwenschaft in der frühen Neuzeit, Universitätsverlag Leipzig, 2003, p. 171 ff ([1])
  • Horst Masuch: Das Schloss in Celle, A. Lax, 1983
  • Ingetraut Ludolphy: Friedrich der Weise: Kurfürst von Sachsen 1463- 1525, Vandenhoeck und Rupprecht, Göttingen, 1984