マルガレーテ・フォン・ルクセンブルク (バイエルン公妃)

マルガレーテ・フォン・ルクセンブルク:Margarethe von Luxemburg)またはマルガレーテ・フォン・ベーメン(同:Margarethe von Böhmen, 1313年 - 1341年)は、ボヘミア王ヨハンと最初の妃エリシュカ・プシェミスロヴナの長女。同母弟に神聖ローマ皇帝兼ボヘミア王カール4世とモラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒが、同母妹にフランス王ジャン2世の妃ボンヌが、異母弟にルクセンブルク公ヴェンツェル1世がいる。また、同名の姪(カール4世の長女)がハンガリー王ラヨシュ1世の最初の妃となっている。

マルガレーテ・フォン・ルクセンブルク
Margarethe von Luxemburg

称号 下バイエルン公
出生 1313年7月8日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ
死去 (1341-07-11) 1341年7月11日(28歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ、ズブラスラフ修道院
配偶者 下バイエルン公ハインリヒ14世
子女 ヨハン
ハインリヒ
父親 ボヘミア王ヨハン
母親 エリシュカ・プシェミスロヴナ
テンプレートを表示

1328年8月12日にシュトラウビングで下バイエルン公ハインリヒ14世と結婚した。2人は2男をもうけたが、次男は夭逝した。

子女編集

  • ヨハン(1329年 - 1340年)
  • ハインリヒ(1330年)