マルキーズ諸島(マルキーズしょとう、マルケサス諸島とも、仏:îles Marquises、英:Marquesas Islands)は、南太平洋にあるヌクヒバ島ヒバオア島など14の火山島からなる諸島。フランス領ポリネシアの一部を成し、タヒチ島からは北東に約1,500キロメートルの海域に位置する。

Marquesas in the pacific ocean.PNG

マルキーズ諸島の位置
南西の青色の島はタヒチ島
ヒバオア島のティキ像
マルキーズ諸島の旗

概要編集

サンゴ礁はなく、険しい海食崖を示す。世界のどの大陸からも、最も離れている諸島となっている(アメリカ大陸のカリフォルニアまで5500キロ、ニュージーランドまで5800キロ、日本まで9800キロ)。

先住民はポリネシア系で、先住民の言葉ではこの島々が「人間の土地」、「テ・フェヌア・エナナTe Fenua Enana」(北マルキーズ語)もしくは「テ・フェヌア・エナタTe Fenua Enata」(南マルキーズ語)と呼ばれる。

約4000年前に台湾島周辺から南下したポリネシア民族の祖先が、メラネシア系の民族から逃れて、約2000年前にサモアトンガを出発し、3000キロ以上の航海の後、未踏だったこの諸島を最初に発見したとされている。その後、ポリネシア人はこのマルキーズ諸島を拠点にして、トゥアモトゥ諸島ソシエテ諸島イースター島ハワイ、そして最後にニュージーランドの二島を発見して、ポリネシア三角圏が出来上がったとされている[1]

1595年7月にスペインの探検家アルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラが西洋人として初めて来航し、当時のペルー副王婦人(「侯爵夫人」=Marquesa)に因んで「マルケサス諸島」と名付けた(仏語は「Marquise」)[2]。その後、1842年フランス領となった。以降、欧米人の捕鯨の漁夫による暴力や、彼らが持ち込んだ病気などにより人口が激減した(19世紀末の約10万人から、1920代には約2000人まで減った)[3]

現在は、総面積は約1,240平方キロメートルにして人口は8,064人。中心地はヌク・ヒバ島タイオハエと、ヒバ・オア島アトアナ。主な経済はコプラバニラタバコの輸出。

画家ゴーギャンはヒバオア島で没した。シャンソン歌手のジャック・ブレルはヒバオア島で晩年を過ごし、ポール・ゴーギャンの近くの墓で葬られている。ハーマン・メルヴィルの小説『タイピー』はヌクヒバ島のタイピー渓谷が舞台である。

マルキーズ諸島の島々編集

マルキーズ諸島は、北部と南部とに分かれており、全部で14の島々からなる。

 
諸島

マルキーズ北部編集

マルキーズ南部編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Société des Études Océaniennes刊行『Bulletin de la Société des Études Océaniennes』315号 & 316号(『オセアニア学会誌』、Tahiti)・2009年、Légendes de migrations et de découvertes d’îlesISSN 0373-8957
  2. ^ Spate, O.H.K. (1979) The Spanish Lake. p.121, (Second Edition 2004) Australian National University
  3. ^ Société des Études Océaniennes刊行『Bulletin de la Société des Études Océaniennes』353号 & 354号(『オセアニア学会誌』、Tahiti)・2021年1 & 8月、Maladies, épidémies et pandémie en Polynésie et en OcéanieISSN 0373-8957

外部リンク編集

座標: 南緯9度27分16秒 西経139度23分20秒 / 南緯9.45444度 西経139.38889度 / -9.45444; -139.38889