マルクス・ポンポニウス・マト

マルクス・ポンポニウス・マトラテン語: Marcus Pomponius Matho、- 紀元前204年?)は紀元前3世紀中期から後期の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前231年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
マルクス・ポンポニウス・マト
M. Pomponius M'.f. M'.n. Matho
出生 不明
死没 紀元前204年?
出身階級 プレブス
氏族 ポンポニウス氏族
官職 執政官(紀元前231年)
法務官(紀元前217年、紀元前216年)
騎兵長官(紀元前217年)
前法務官(紀元前215年、紀元前214年)
鳥占官?(- 紀元前204年)
テンプレートを表示

出自編集

プレブス(平民)であるポンポニウス氏族の出身。父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はマニウスである、マトと紀元前233年の執政官マニウス・ポンポニウス・マトは兄弟である。二人のどちらか、おそらくはマルクスがプレブス・アエディリス(平民按察官)のマルクス・ポンポニウス・マトの父である。

経歴編集

紀元前231年、マトは執政官に就任。同僚執政官はガイウス・パピリウス・マソであった。この年、サルディニアがローマに反乱したが鎮圧されている[1]

紀元前217年、既に第二次ポエニ戦争が始まっていたが、マトは法務官(プラエトル)に就任した。トラシメヌス湖畔の戦いの不明瞭な報告がローマに届くと、マトは市民に向かって「我々は大敗北を喫した」とのみ告げ、詳細は語らなかった[2]。同年、ルキウス・ウェトゥリウス・ピロ独裁官(ディクタトル)に就任すると、マトを騎兵長官(マギステル・エクィトゥム)に指名した。しかし、選挙が適切ではなかったとして、2週間後に両者共に辞任している。

紀元前216年、選挙の時にマトはローマを離れていたが、再び法務官に選出された。カンナエの戦いでの敗報が届くと、マトと同僚法務官のプブリウス・フリウス・ピルス元老院に対して、優先事項を議論するように促した[3]

紀元前215年、マトは前法務官(プロプラエトル)としてインペリウム(軍事指揮権)を保持し、ガリア・キサルピナでの作戦を担当した。翌紀元前214年も前法務官の任期が延長された。但し、この年にはマトはカンパニアで活動している[4]。任期が完了すると、マトは自分の隷下の軍をプブリウス・センプロニウス・トゥディタヌスに引き渡した[5]

ティトゥス・リウィウスは、紀元前210年に神祇官(ポンティフェクス)のマルクス・ポンポニウス・マトが死去したと記録している[6]。また紀元前204年には、鳥占官(アウグル)と十人委員会の一人であったマルクス・ポンポニウス・マトの死去したとされている[7]

脚注編集

  1. ^ ゾナラス『歴史梗概』 、VIII, 18.
  2. ^ リウィウスローマ建国史』、XXII, 7, 8.
  3. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXII, 55.
  4. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXIV, 17.2.
  5. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXIV, 44.3.
  6. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXVI, 33.12.
  7. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXIX, 38.7.

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代:
マルクス・アエミリウス・レピドゥス
マルクス・プブリキウス・マッレオルス
執政官
同僚:ガイウス・パピリウス・マソ
紀元前231年
次代:
マルクス・アエミリウス・バルブラ
マルクス・ユニウス・ペラ