メインメニューを開く

マルグリット・ド・フォワ(Marguerite de Foix、1458年以降 - 1486年3月15日)は、ブルターニュフランソワ2世の2度目の妃。フォワ伯ガストン4世ナバラ女王レオノールの子。

マルグリット・ド・フォワ
Marguerite de Foix
ブルターニュ公妃
DSCN2042.JPG
マルグリット・ド・フォワとフランソワ2世の横臥像。ナント大聖堂
出生 1458年以降
死去 1486年3月15日
埋葬  
Pavillon royal de la France.svg フランス王国ナント大聖堂
配偶者 ブルターニュ公フランソワ2世
子女 アンヌ
イザボー
父親 フォワ伯ガストン4世
母親 ナバラ女王レオノール
テンプレートを表示

生涯編集

1471年、クリソンにてフランソワ2世と結婚し、アンヌとイザボー(1478年 - 1490年)の2子をもうけた。

マルグリットはコート・ド・ブルターニュ(Côte-de-Bretagne)と呼ばれるスピネルを所有しており、長女アンヌに遺贈した。これはフランス王フランソワ1世の宝物庫に入れられた。ルイ15世金羊毛騎士団の装いのためにドラゴンの形に刻まれ、フランスのクラウンジュエルとしてルーヴル美術館が所蔵している。

マルグリット・ド・フォワは、夫フランソワ2世およびマリー・ド・ブルターニュと並んでナント大聖堂に埋葬されている。これらはフランソワ2世の墓所と呼ばれる壮大な墓で、ルネサンス黎明期のブルターニュ彫刻の傑作と言われている。