マルグリット・ド・フランドル (ブラバント公妃)

ブラバント公ジャン1世の妃

マルグリット・ド・フランドルフランス語:Marguerite de Frandre, 1251年 - 1285年7月3日)またはマルグリット・ド・ダンピエール(Marguerite de Dampierre)は、フランドル伯ギー・ド・ダンピエールとその最初の妃マティルド・ド・ベテューヌの娘[1]

マルグリット・ド・フランドル
Marguerite de Frandre
Brabantse Yeesten.jpg
マルグリットとジャン1世の結婚

出生 1251年
死去 1285年7月3日
埋葬 Banner of the Duchy of Brabant.svg ブラバント公領ブリュッセル
配偶者 ブラバント公ジャン1世
子女 ゴドフロワ
ジャン2世
マルグリット
マリー
家名 ダンピエール家
父親 フランドル伯ギー・ド・ダンピエール
母親 マティルド・ド・ベテューヌ
テンプレートを表示

1273年、マルグリットはブラバント公ジャン1世と結婚した。ジャン1世にとってこれは2度目の結婚であった。2人の間には4人の子女が生まれた。

脚注編集

  1. ^ a b Guichenon 1660, p. 367.

参考文献編集

  • Guichenon, Samuel (1660). Histoire généalogique de la royale maison de Savoie, justifiée par titres, fondations de monastères, manuscrits, anciens monuments, histoires et autres preuves authentiques. Jean-Michel Briolo