マルグリット・ド・ブラバン

マルグリット・ド・ブラバンフランス語:Marguerite de Brabant, 1276年10月4日 - 1311年12月14日)は、ブラバント公ジャン1世マルグリット・ド・フランドルの娘。ルクセンブルク伯ハインリヒ7世と結婚、夫は1308年にローマ王に選出され、マルグリットはローマ王妃となった。

マルグリット・ド・ブラバン
Marguerite de Brabant
ローマ王
Paolo Monti - Servizio fotografico - BEIC 6362001.jpg
マルグリットの慰霊碑(ジョヴァンニ・ピサーノ作、1313年 - 1314年、サン・アゴスティーノ美術館蔵)
在位 1308年 - 1311年

出生 (1276-10-04) 1276年10月4日
死去 (1311-12-14) 1311年12月14日(35歳没)
Flag of Genoa.svg ジェノヴァ共和国ジェノヴァ
埋葬 Flag of Genoa.svg ジェノヴァ共和国ジェノヴァ、サン・フランチェスコ・ディ・カステレット教会
結婚 1292年7月9日
配偶者 ローマ王ハインリヒ7世
子女 ヨハン
マリー
ベアトリクス
家名 ブラバント家
父親 ブラバント公ジャン1世
母親 マルグリット・ド・フランドル
テンプレートを表示

生涯編集

マルグリットは1292年7月9日にハインリヒ7世と結婚した。この結婚はブラバント公とのリンブルフ公領をめぐる長年の争いを解決するためにまとめられ、父ブラバン公ジャン1世はマルグリットの結婚が行われた時にリンブルフに対する主張を放棄した[1]。この結婚は幸せなものであったという[1]。1308年に夫がローマ王に選ばれ、マルグリットはローマ王妃となった。

マルグリットとハインリヒ7世の間には3子が生まれた。

マルグリットは夫のイタリア遠征に同行し、ブレシアの包囲の間に病となり、その数ヶ月後にジェノヴァで死去し、同地のサン・フランチェスコ・ディ・カステレット教会に埋葬された。マルグリットの死は『Gesta Baldewini Luczenburch』の1311年12月の箇所に記されている。有名な彫刻家ジョヴァンニ・ピサーノは、1313年に皇帝よりマルグリットを記念する碑の制作を依頼された。その一部はジェノヴァ、サン・アゴスティーノ美術館およびスピノーラ宮殿のリグーリア国立美術館に保存されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e Gades 1951, p. 119.

参考文献編集

  • Gades, John A. (1951). Luxemburg in the Middle Ages. Brill